編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

民間企業最大級のプライベートスパコン稼働--NTT Com基盤採用で

ZDNet Japan Staff

2017-09-20 11:31

 Preferred Networksは9月20日、自動運転技術やがん診断をはじめとした深層学習(ディープラーニング)などの研究開発用プライベートスーパーコンピュータを、9月より稼働させた。

 このスーパーコンピュータは、NTTコミュニケーションズとNTTPCコミュニケーションズの高速演算処理(GPU)プラットフォームを採用し、計算ノードにはNVIDIAR製「Tesla P100 GPUを1024基」を搭載している。民間企業のプライベートな計算環境としては、国内最大級としている。

 PFNでは、深層学習の研究開発や関連技術の迅速な実用化のため、高性能なGPUによる高速かつ潤沢な計算環境が必要だった。GPUの稼働にあたっては高電力の確保、排熱処理、ネットワークの高速化が課題。

 解決するため、PFNは、GPUサーバにおける高い技術力と豊富な実績、最先端のデータセンター構築ノウハウを持つNTT Comグループのマルチノード型GPUプラットフォームを採用し、PFN独自の並列分散学習技術「ChainerMN」を活用するための大規模なマルチノードの深層学習用研究開発基盤を構築した。


 NTT Comグループは、GPUのパフォーマンスを最大化するための豊富な構築ノウハウや、世界トップレベルの信頼性を誇るデータセンターサービス「Nexcenter」と「Enterprise Cloud」の構築実績を生かし、マルチノード型GPUプラットフォームを実現し、提供している。

 今後、PFNは今回構築したプライベート・スーパーコンピュータを活用し、オープンソースの深層学習フレームワークChainerの高速化を進める。

 さらに、大量の計算資源を必要とする交通システム、製造業、バイオヘルスケア分野での研究開発をより一層加速させる。また今後は、次世代GPU「Volta」ベースのNVIDIAR製Tesla V100の導入も検討する予定だ。

 NTT Comグループは、今後もAI関連技術やそれを支えるインフラの提供を通して、深層学習技術の研究や商用での積極的な活用において、PFNのAIビジネスを支援するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]