編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
海外コメンタリー

MSのナデラCEO、初の著作「Hit Refresh」出版--同社の変革を語る - (page 4)

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-09-29 06:30

 同書の後半には、テクノロジとポリシーの未来について割かれた章もいくつかある。Nadella氏は、Microsoftが常にうまく乗り切れるとは限らなかった、時には先進的すぎた、そして時には遅きに失したものごとの未来について記している。また同氏は、Microsoftの次なる挑戦に複合現実(MR)や人工知能(AI)、量子コンピューティングが含まれている理由に関連する情報を提供している。さらに、同氏がしばしば話題にしたり、投稿したりしている、AIやセキュリティ、プライバシーに関する倫理的な問題についても記している。

 Nadella氏率いるMicrosoftであればおそらく、過去の2人のCEOが采配をふるっていた時代にしでかしたような、士気に影響を与える失敗(社内のシャワー室におけるタオルサービスの中止などだ)のいくつかは避けられていただろう。しかし、スマートフォン時代が到来する前にNadella氏がCEOを務めていたとしたら、同氏はデスクトップOSのシェアを90%以上にできていただろうか?筆者は確信を持てないでいる。

 時が変われば異なる戦術、異なるリーダーが要求される。Hit Refreshは、Microsoftの現CEOの心の中を垣間見せるとともに、同氏がどのようにして従業員にモチベーションを与え、同社を再び栄光の座につけようとしているのかを教えてくれる。

 Satya Nadella氏とGreg Shaw氏、Jill Tracie Nichols氏によって執筆され、Bill Gates氏が前書きを記しているHit Refreshは、9月26日から販売されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]