編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
松岡功の一言もの申す

動き出した“国産AI基盤”実現への野望

松岡功

2017-09-28 12:00

 人工知能(AI)開発ベンチャーのPreferred Networks(PFN)が民間企業の計算環境としては国内最大級のスーパーコンピュータを稼働させた。NTTコミュニケーションズ(NTT Com)グループが提供するマルチノード型高速演算処理(GPU)プラットフォームを採用した形だが、この動きには日本を代表する関係企業による“国産AI基盤”実現へ向けた野望があるようだ。

民間企業の計算環境で国内最大級のスパコンが稼働

 PFNが稼働させたスパコンは、計算ノードにNVIDIA製「Tesla P100」GPUを1024個搭載。理論上のピーク性能は4.7ペタFLOPS(1秒当たり浮動小数点演算性能)に達するという。

 PFNがこれだけの性能を持つスパコンを採用したのは、深層学習の研究開発や関連技術の迅速な実用化のため、高性能なGPUによる計算環境が必要だったからだ。

 そこで、GPUサーバにおける技術力や実績、データセンター構築ノウハウを持つNTT Comグループのマルチノード型GPUプラットフォームを採用し、PFN独自の並列分散学習技術「ChainerMN」を活用するための大規模なマルチノードの深層学習用研究開発基盤を構築したとしている。(図参照)


図:Preferred Networksが稼働させたスーパーコンピュータ環境
(出典:NTTコミュニケーションズによる共同発表資料)

 なお、NTT ComグループがPFNに提供するプラットフォームは、データセンターサービス「Nexcenter」やクラウドサービス「Enterprise Cloud」の構築実績を生かしたプライベートクラウドベースのスパコンだが、将来的にはこの仕組みをクラウドサービスとして広げていく可能性もありそうだ。

 このニュースの詳細については関連記事をご覧いただくとして、ここではこの動きが何を意味しているのか、について掘り下げてみたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]