編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

「Salesforce Data Studio」発表--より信頼度の高いデータ共有を実現

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2017-09-28 12:04

 Salesforceは米国時間9月27日、データ所有者が「Marketing Cloud」上でデータ購入者と直接つながることのできるセルフサービス式プラットフォーム「Salesforce Data Studio」を発表した。

 Salesforce Data Studioは、消費者データの直販を促進するツールセットを備え、サードパーティーのデータ仲介業者に関する問題を解決する狙いがある。

 Salesforce Marketing Cloudの製品マーケティング担当バイスプレジデントであるRaji Bedi氏が米ZDNetに語ったところによると、買い手は顧客層に関してさらに多くの情報を求めているブランドである場合が多いが、「アクティベーションなどに利用可能な信頼度も精度も高いデータを入手し、洞察を深めるために、データ所有者との直接的な関係を望んでいる」という。

 買い手はデータの出所を把握できる一方で、売り手もデータの行き先のコントロールを強化できる。Bedi氏は、「データ所有者の懸念を生じさせない形でデータが利用されるようにするとともに、市場に機会を創出するため、所有者にとって満足のいく制限や条件をデータに設ける機能を提供する」と述べた。

 Bedi氏によれば、サードパーティーのデータ仲介業者を利用すると、データの精度について疑問が残る場合があるという。「どれだけクリーンなデータなのか、またどこで入手したのか」という疑問や、データの出所やデータが収集された時期に関する疑問だ。

 Salesforce Data Studioは、オーディエンスを発見したり検索したりするためのツールを備えており、利用可能なデータや、ブランドが所有するファーストハンドデータとの関連性について、マーケターが情報を得るのに役立つはずだ。

 データ所有者向けの、ソフトウェア対応のデータガバナンスツールもあり、共有する属性や相手、共有期間など、アクセスに関する一定のパラメータを設定できる。

Salesforce Data Studio
提供:Salesforce

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]