ICANN、DNSルートゾーンの鍵更新を延期--ネットに多大な影響

ZDNET Japan Staff

2017-09-28 14:40

 インターネットのDNS(Domain Name System)最上位のルートゾーンを管理する米ICANNは9月27日、ルートゾーンでのDNS SECurity extensions(DNSSEC)に必要な署名鍵を交換する作業を延期すると発表した。相当数のネットワークサービス事業者が対応できず、インターネットに多大な影響が及ぶ恐れがあるという。

 この作業は「KSKロールオーバー」と呼ばれ、7月1日から段階的に実施されている。今回延期されたのは10月11日に予定された作業で、再実施は少なくとも2018年第1四半期になる見通し。ただし、懸念される影響が払しょくされることが条件になる。

 KSKロールオーバーをめぐっては当初、9月19日にDNSでの正常な名前解決ができずインターネット接続ができなくなるなどの影響が懸念され、総務省が注意喚起していた

 ICANNによると、最近の調査から多数のインターネットサービスプロバイダーやネットワークオペレーターがKSKロールオーバーに対応できていない実態が判明した。プレジデント兼最高経営責任者(CEO)のGern Marby氏は、DNSのセキュリティや安定性が最も重要であり、エンドユーザーへの悪影響を考慮して10月11日の作業の延期を決めたと説明した。

 Marby氏は、この延期によってネットワーク事業者側の確実な対応準備が必須との見方を示し、対応状況に応じて再実施のスケジュールを検討していくという。

予定されていたKSKロールオーバーのスケジュール(出典:ICANN)''
予定されていたKSKロールオーバーのスケジュール(出典:ICANN)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]