編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

オラクル、顧客エンゲージメントを支援する「Live Experience Cloud」を発表

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-10-02 10:03

 Oracleは米国時間9月29日、「Oracle Live Experience Cloud」を発表した。企業はこの新サービスを利用することで、リアルタイムでの顧客エンゲージメントが容易になるという。

 同サービスは、HD音声やHD動画、画面共有といったリアルタイムのコミュニケーション機能を提供する。また、顧客サポートチームに対して、チャネルをまたがる顧客のコンテキスト情報を提供するとともに、あらゆるチャネルを対象とした、ルールに基づくコンテキストルーティング機能も提供する。企業は同サービスを用いることで、チャットボットによる顧客対応を途中から人間の担当者が引き継いだり、リアルタイムでの録画や検索、再生を実行したりできるようになる。さらに、統合化されたアナリティクスが可能になるとともに、サービスチームの個々の、あるいは全体的なパフォーマンスに対する洞察が得られるようにもなる。

 つまりLive Experience Cloudは、同社のシニアバイスプレジデントであるDoug Suriano氏が発表で述べた言葉を借りると、「顧客が感じるフリクション(不都合)ポイントをなくす」ことで企業を支援するサービスだ。「コンテキストを考慮したコミュニケーションの力とリアルタイムエンゲージメント能力を活用して、顧客ロイヤルティ向上と業績拡大につながる、高度にインタラクティブでパーソナライズされたデジタル体験を提供することにより」、これを実現するという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]