本当に?「Linuxのシェア急増」の報道に疑問

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年10月05日 12時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linuxの市場シェアが従来の1.5%~3%程度から急増して5%に達したとする記事が、複数のメディアに掲載された。これらの報道は、Net Applicationsが公開している「NetMarketShare」のデスクトップOSシェア分析に基づいている。この分析では、7月に2.5%だったLinuxのシェアが、9月には約5%に急増した。しかし、Linux愛好家にとっては残念だろうが、この分析は正しくないようだ(編集部注:本記事の掲載までに9月の数値は3.04%に修正された)。

 Googleの「Chrome OS」(NetMarketShareとStatCounterのデスクトップOS市場シェア調査では、実際より少なく評価される傾向がある)はLinuxとしてカウントされていないようだ。Chrome OSはLinuxをベースとしているので、Linuxとしてカウントするのが妥当だろう。

 NetMarketShareの分析結果は、単なる間違いのようだ。Net Applicationsのマーケティング担当エグゼクティブバイスプレジデント、Vince Vizzaccaro氏は、「報道されているLinuxのシェアは正しくない。われわれはこの問題を認識しており、現在調査中だ」と筆者に話してくれた。

 NetMarketShareとStatCounterは単にユーザー数を調べるだけだと思っている人は、Vizzaccaro氏の発言を奇異に感じるかもしれない。だが、それらの企業は単純にユーザー数を数えるのではなく、それぞれ独自の方法で、OSシェアを算出している。その具体的な算出方法には、不明な点も多い。

 したがって、これらのサービスが発表するOSシェアやブラウザシェアは、鵜呑みにしない方がいい。

 正確な情報を知りたいとき、筆者は米連邦政府の「Digital Analytics Program」(DAP)が提供するデータを利用することが多い。ただし、これは米国中心のデータだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算