編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
調査

国内RPA市場、2016年度は前年度比4倍の急成長--2021年度には約10倍の規模に

藤本和彦 (編集部)

2017-10-05 13:59

 アイ・ティ・アール(ITR)は10月5日、国内RPA(Robotic Process Automation)市場の規模推移と予測を発表した。2021年度には、2016年度の10倍強となる82億円の市場に成長すると見込んでいる。

 RPAとは、従来まで人間のみが対応可能と考えられてきたコンピュータ操作をソフトウェア(ソフトウェアロボット)に代行させることで業務の自動化を支援するもの。繰り返しの多い定型業務の高速化や人為ミスの削減、人手不足の解消などの効果が期待されている。

 2010年代半ばから金融・保険業など一部の業種で採用が進んできた。近年、働き方改革に対する関心の高まりや参入ベンダーの拡大、IT知識の乏しい現場スタッフでも利用できるロボット開発環境の登場により、導入意欲は他業種でも急速に高まっているとしている。

 今後は人口知能(AI)システムとの連携が進み、より高度な自動化の実現が見込まれている。

 2016年度の売上金額は8億円。前年度比で4倍増と急速な伸びを示した。2017年度も同2.5倍増と引き続き高い伸びを予測している。また、2018年度には2016年度の5倍強となる44億円、2021年度には同10倍強となる82億円と、今後も継続的な伸びが見込まれる。2016~2021年度の年平均成長率(CAGR)は59.3%と予測。

RPA市場の規模推移と予測
RPA市場の規模推移と予測(出典:ITR)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]