音声AIによるドキュメント作成サービスを提供開始--ビズオーシャン

NO BUDGET 2017年10月10日 19時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミロク情報サービスの100%子会社、ビズオーシャンは10月3日、日本初の音声AIによるドキュメント作成サービス「SPALO」を提供開始すると発表した。

 SPALOは、LINE BOTとIBM Watson日本語版のAPI「Conversation Service」を活用し、スマートフォン内でオリジナルBOTと会話することで、手軽にビジネスドキュメントを作成できるサービス。

 音声入力したデータは手作業で編集でき、作成中の書類データは随時プレビューできる。また、完成データをPCへ送付して閲覧・編集したり、Excel以外のWordや外部データベース、システムとの連携も可能だ。現在使用しているドキュメントのフォーマットをそのまま変更せずに使用できる。



利用イメージ

 従来のチャットボットによる音声テキスト入力システムとの違いは、「SPALO」では音声入力された文章を「IBM Watson」が品詞分解した上で入力する、マッピング技術を採用していること。従来サービスは、音声で入力された内容をそのまま表示させるものが多い。

 マッピング技術は、ビズオーシャンで特許出願中のもので、入力されたさまざまな音声を「IBM Watson」が解析・分類し、報告書・帳票などのドキュメント内の正しい項目を選び出し自動入力を行う。そのため、記入項目が複数存在するようなドキュメントも、音声だけで簡単に作成できるようになる。

 例えば、PCが使いづらい状況にある移動中の営業担当者、屋外の建築現場、介護施設などでの書類作成が、その場で音声入力するだけで可能になる。事務所に戻ることなく、またPCなどを立ち上げなくても書類作成できるため、時間短縮による労働生産性の向上につながる。


プラン概要

 利用価格は、利用シーンに合わせて、個人利用を想定した「パーソナル版」、法人利用を想定した「BtoEプラン」、「BtoCプラン」がある。「BtoEプラン」では、LINE BOTを利用する人数(LINE IDの数)によって月額基本利用料が変動する。また「SPALO」で作成したWordやExcelファイルを保存する回数によって、ファイル保存料が変動する。

 BtoCプランでは、病院での診察前の診断書の記入や美容室やマッサージ店など予約の段階での確認事項入力などに利用できる。店舗や施設を利用する顧客が、施設へ提出する確認書類を来店・来館前に入力して持参することを想定しており、ファイル保存回数の幅が大きく設定されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算