編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
海外コメンタリー

「スティーブ・ジョブズがいなければセールスフォースはなかった」:ベニオフCEO

Jason Hiner (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-10-10 06:30

 Marc Benioff氏は、1990年代後半にSalesforceを立ち上げたとき、ベンチャーキャピタリストが集まっていることで有名なシリコンバレーのサンドヒルロードを駆け回って、あらゆるベンチャーキャピタリストに売り込みをかけた。大手も、小規模なものも、有名なものもあった。そして、そのすべてに断られた。

 Benioff氏の「ソフトウェアを売らない」ビジネスモデルや、同氏が予想したクラウドコンピューティングへの移行を信じる者は誰もいなかった。ところが皮肉にも、Salesforceは史上もっとも早く成長したエンタープライズソフトウェア企業になった。同社のソフトウェアは、過去のものとはまったく違っていた。

 Benioff氏は、2017年のGartner Symposiumでの基調インタビューで、Salesforceが成功に至るまでの異端的な道のりと、今でも続いている、同社の慣例に囚われないアプローチについて語った。

 聴衆の関心を一番引いたのは、Benioff氏の重要なメンターの1人だった、Steve Jobs氏にまつわるエピソードだ。

 「Steve Jobsがいなければ、Salesforceはなかった」とBenioff氏は語った。

 同氏は以前にも、Jobs氏との関係に言及したことがある。しかし今回は、Jobs氏から、Salesforceをアプリではなくプラットフォームにすべきだと説得されたことも明かされた。

 同氏によれば、Jobs氏は、Salesforceが成功するには3つのことが必要だと語ったという。その内容は「まず、Avonのような有名な顧客を獲得する必要がある。次に24カ月以内に事業を10倍にできなければ失敗する。さらに、アプリケーション経済を確立する必要がある」というものだ。

 Benioff氏が「アプリケーション経済とは何なのか」と尋ねると、Jobs氏は「わからない、それは君が見つけ出すんだ」と答えたという。

 Benioff氏がその約5年後に「iPhone」の発表イベントに参加すると、Jobs氏はそこで、Appleのモバイルデバイスを中心としたアプリケーション経済の中核となる「App Store」を発表した。

 イベントが終わると、Benioff氏はJobs氏に「プレゼントがある」と話しかけた。

 Benioff氏はJobs氏のアドバイスに真剣に取り組み、「App Store」の登録商標と「appstore.com」のURLを取得していた。同氏はこのときに、この2つをAppleに引き渡したのだという。

 当時Salesforceはすでに「Force.com」をスタートさせており、Force.comは単なるCRMと営業を自動化するアプリから、マーケットプレースを備えたSaaSプラットフォームに発展していた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]