調査

メールマーケ強化と既存システム連携に課題--CRM市場調査

NO BUDGET 2017年10月10日 12時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ノークリサーチは10月4日、2017年の国内中堅中小市場における顧客関係管理(CRM)システムの導入社数シェアと現状の課題に関する調査結果を発表した。

 導入シェアでは、「Salesforce Sales/Service/Marketing Cloud」と「Microsoft Dynamics CRM/365」が2割超を占め、他社の製品/サービスとやや差を付ける状況となった。これまで多数の製品/サービスが僅差で順位を争っていた。

 2017年7、8月に実施され、有効回答件数は1300社。国内の全業種、年商500億円未満の中堅中小企業が対象。

導入済みの製品/サービス
導入済みの製品/サービス(出典:ノークリサーチ)

 運用形態を2016年と2017年で比較すると、「独自開発システム」に該当する項目の回答割合はいずれも低くなる一方、「パッケージ(社内設置)」と「ASP/SaaS利用」に該当する項目の回答割合が高くなった。特に「ASP/SaaS利用」については回答割合が前回の調査と比べて2倍近く伸びている。

 この結果について、Salesforce Sales/Service/Marketing CloudやMicrosoft Dynamics CRM/365といった、ASP/SaaS形態に注力する製品/サービスの導入シェアが伸びている状況と符合するとしている。

 マーケティングオートメーション(MA)においても、ASP/SaaS形態のサービスやソリューションが多く見られるため、今後は中堅中小企業のCRM市場においてもASP/SaaS形態の普及が加速していく可能性があると予測している。

 課題について尋ねたところ、「ウェブサイト(特にランディングページ)の最適化」と「メールマーケティングの強化」を比べると、後者の方が回答数が多かった。

 CRMを収益増に結び付けるため、利用者は「既存システムとの連携」を不可欠だと感じているし、「メールマーケティングの強化」などを含めた課題と比べて、「導入やバージョンアップの費用負担」を課題として挙げる割合はやや低いと指摘。ユーザー企業は相応の費用をかけても「メールマーケティングの強化」や「既存システムとの連携」を進めたいと考えていると分析する。

CRMに関する課題
CRMに関する課題(出典:ノークリサーチ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算