エンタープライズトレンドの読み方

ちょっと忘れてた東南アジア--多様性と統一の歴史

飯田哲夫 (アマゾンウェブサービスジャパン) 2017年10月11日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月から10月まで六本木の国立新美術館と森美術館の共催で「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」が開催されている。恥ずかしながら、なんで今、東南アジアなんだろうと思ってしまった。

 実は今年は東南アジア諸国連合(ASEAN)50周年にあたり、この企画はそれを記念してのもので、ASEAN10カ国から86人の作家の作品で構成されている。最近は海外ニュースが米国、北朝鮮、中国に集中し、保護主義に転じた経済情勢から、ついついASEANのマインドシェアが低下していたようである。

 ASEANは1967年に設立され、ビジネス観点では、常に6億人という人口の多さが注目される。1995年に設立されたASEAN経済共同体(AEC)がASEANを統一市場として出現させることに期待が高まっている。

 しかしながら、今回の展示を見てみると(まだ国立新美術館だけだが)、そこから透けて見えるのは、決して統一されたASEANではなく、多様性と複雑性、そしてそれを乗り越える闘争の歴史だ。植民地化と宗主国からの独立、そして民族間の対立、また多様性から来るアイデンティティの曖昧さなどが作品のテーマとして象徴的である。

 数年前インドネシアでの事業開発をやっていた頃、現地のインドネシア人経営者からも生々しい記憶として民族の多様性が引き起こした事件の話を聞いたものである。アートには、抑圧された感情や社会に潜む問題を浮き彫りにする側面がある。とすれば、今回の展示は統一市場の可能性よりも、より複雑で多様な社会の課題を浮き彫りにするものであるかもしれない。

 かつて、インドネシア企業とのビジネスに取り組み始めたとき、当然インドネシア語を学ばないとそれは成就できないと考えた。

 インドネシア語の良いところは、くねったような表記のタイ語と違い、文字がすべてローマ字で取っ付きやすいことだ。インドネシア語の歴史は浅く、オランダから独立する際に、インドネシアとして統一の言語をもつべきだと考えて、マラッカ海峡の交易に用いられていた言語をインドネシア語として制定したという。その際に表記をローマ字としたのである。

 インドネシア語には、動詞に時制がなく、また、名詞の性や数の変化がないため、文法が非常にシンプルで覚えやすいという特徴がある。インドネシアは、現在でも民族や言語も数百に及ぶというから、それを一つに定めるというのは独立へ向けた強い意志の表れと言えるだろう。

 それでも、筆者のインドネシア語習得は挫折する。なぜならば、インドネシアのIT企業経営者は驚くほどに英語が堪能であったからである。

 数十を超す企業の経営者と会ったように思うが、その点で例外はなかったと記憶している。海外で教育を受けている人も多いというのもあるが、ASEANそしてさらにその先を見据えたビジネス展開を考えている人が多かったのが実感である。ある経営者に至っては、英語教育に熱心で、その子供はインドネシア語より英語の方がうまいとのことであった。

 つまり、多様性と複雑性から来る課題を抱えているという事実がある一方で、ASEANを、そしてグローバルマーケットを対象にビジネスを展開したいという意志もとても強いのである。この両面こそがASEANの面白さであり、ビジネスを展開する上での要ではないかなと思う。

 アート展で忘れていたアジアのダイナミズムが蘇ってきた。たまには行ってみたいですね(釣りのシーズンが終わったら)。

飯田哲夫(Tetsuo Iida)

アマゾンウェブサービス ジャパンにて金融領域の事業開発を担当。大手SIerにて金融ソリューションの企画、ベンチャー投資、海外事業開発を担当した後、現職。金融革新同友会Finovators副代表理事。マンチェスタービジネススクール卒業。知る人ぞ知る現代美術教育の老舗「美学校」で学び、現在もアーティスト活動を続けている。報われることのない釣り師

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算