懐かしのIBM機--初代「IBM PC」から「ThinkPad」まで:写真で見る - 8/26

Nick Heath (ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 編集部

2017-11-12 08:00

 1981年、IBMはそれまで数十年間作ってきたメインフレーム以外にも手を広げることを決め、同社初の一般市場向け個人用コンピュータ(PC)である「IBM 5150」を発売した。

 このPCは(特にオフィス市場で)大ヒットになり、発売後2年間で80万台以上出荷されたという。IBM 5150の人気の源は、IBMのブランド力と、利用できる周辺機器やソフトウェアの選択肢が豊富だったことだ。

 このマシンはIBM PC互換機の市場を生んだ。これが可能になったのは、IBM 5150がIBM製ではない既成の部品から作られており、MicrosoftがサードパーティーのマシンにもDOSのライセンスを提供できたためだ。IBM PC互換機が広がったことで、これがPCの標準になり、どのIBM PC互換機でも同じソフトウェアが利用できたため、PCの購入プロセスも簡単になった。

 価格は1565ドルからで、4.77Mhzの「Intel 8088」プロセッサが搭載され、キーボード、MicrosoftのDOSが付属し、最大256KバイトのRAMに対応していた。160Kバイトのフロッピーディスクドライブや、カラーモニタもオプションとして提供されていた。

 写真は、IBM PC用モノクロディスプレイとIBM製ドットマトリクスプリンタが接続されたIBM 5150だ。

 1981年、IBMはそれまで数十年間作ってきたメインフレーム以外にも手を広げることを決め、同社初の一般市場向け個人用コンピュータ(PC)である「IBM 5150」を発売した。

 このPCは(特にオフィス市場で)大ヒットになり、発売後2年間で80万台以上出荷されたという。IBM 5150の人気の源は、IBMのブランド力と、利用できる周辺機器やソフトウェアの選択肢が豊富だったことだ。

 このマシンはIBM PC互換機の市場を生んだ。これが可能になったのは、IBM 5150がIBM製ではない既成の部品から作られており、MicrosoftがサードパーティーのマシンにもDOSのライセンスを提供できたためだ。IBM PC互換機が広がったことで、これがPCの標準になり、どのIBM PC互換機でも同じソフトウェアが利用できたため、PCの購入プロセスも簡単になった。

 価格は1565ドルからで、4.77Mhzの「Intel 8088」プロセッサが搭載され、キーボード、MicrosoftのDOSが付属し、最大256KバイトのRAMに対応していた。160Kバイトのフロッピーディスクドライブや、カラーモニタもオプションとして提供されていた。

 写真は、IBM PC用モノクロディスプレイとIBM製ドットマトリクスプリンタが接続されたIBM 5150だ。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]