ソリトン、漏えいアカウント被害調査サービス提供--25億件を対象に

NO BUDGET 2017年10月11日 11時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソリトンシステムズは官公庁や自治体、企業など各種団体の「漏えいアカウント被害調査サービス」の提供を10月5日から開始した。サービス費用はドメイン名単位。税別の標準価格は1ドメインあたり50万円だが、2017年内はキャンペーン価格として1ドメインあたり19万8000円となっている。

 今回のサービスは3月に発表したサービス群「サイバーセキュリティ総合支援サービス」のメニュー。漏えいアカウント被害調査サービスは、同社が独自に開発した「サイバー空間アナリティクス」(Soliton Cyber-Space Analytics:CSA)基盤を応用した最初の分析サービスとしている。

 サイバーセキュリティ対策の要でもあるアカウント情報、つまり、日本の組織のIDや公用メールアドレス、パスワードの漏えい被害に焦点を絞った。世界中のハッキングで漏えいしたデータを調査し、ユーザー企業のものがあるかどうかを調査する。

調査サービスイメージ(出典:ソリトンシステムズ)
調査サービスイメージ(出典:ソリトンシステムズ)

 アカウント情報は、なりすましや不正アクセスなどのサイバー犯罪者にとって最も有用な情報の一つであるため、漏えいアカウントの把握は組織のリスク管理を考えるための重要なテーマとなっている。同社ではこれまで世界の50件以上のハッキング事件から25億以上の漏えいアカウントを特定してきた(9月時点)。

 今回の漏えいアカウント被害調査サービスで調査対象とするアカウントとは、組織内部から流出したものではなく、知らない間に起きているハッキング事件で盗まれたもの。

 企業や官公庁、自治体など各種団体は、その業務内容に応じてクラウドやSNS、ECサイトなど利便性の高いサービスを利用することがある。こういったサービスがハッキングされた際、そこに登録していたアカウント情報の一部または全部が漏えいしてしまう。クラウドなどを狙ったハッキング事件は、ファイアウォールの外側で起きるため、従来のセキュリティなどでは調査、分析できない分野だった。

 今回のサービスの対象は、自身の組織または、資本関係など関連の深い組織に限定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算