企業はDNSを狙うサイバー攻撃に弱い--Infoblox調査

ZDNet Japan Staff 2017年10月12日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネット利用に欠かせないDomain Name System(DNS)を狙うサイバー攻撃に対して企業の大半が脆弱であるという。ネットワークセキュリティを手掛ける米InfobloxとDimensional Researchが実施した調査結果から分かった。

 ウェブサイトのドメインとIPアドレスをひも付けるDNSは、インターネットアクセスに不可欠なインフラの1つとなる。DNSを狙う攻撃手法には、インターネットユーザーを不正サイトに誘導するハイジャックや、サービス妨害(DoS)を狙って「名前解決」と呼ばれる機能への要求を増幅させるリフレクションなど、さまざまなものがあり、被害に遭えばインターネット利用に深刻な影響が出る。

 調査は、2016年10月にDynがIoTマルウェア「Mirai」による分散型のDoS(DDoS)攻撃によって、大規模なインターネット接続障害に見舞われた事件から約1年が経過したことを踏まえて実施したという。1000社以上のセキュリティやITの担当者が回答した。

 それによると、平均で10社中3社がDNSへの攻撃で被害に遭い、そのうち40%は1時間以上ものダウンタイムよってビジネスに大きな影響を受けたことが分かった。71%の企業はDNSへの攻撃をリアルタイムに監視していたが、このうち86%の企業は攻撃の発生を適切に把握できない状況にあった。20%の企業が外部からの苦情などで、攻撃の事実を把握していたという。

 また、DNSに対する攻撃によって24%の企業が10万ドル以上の損失を被り、5万ドル以上の損失を経験した企業も54%に上っていた。DNSに対する主要な攻撃手法の全てを防御できる企業は37%で、Infobloxは、「63%が本質的に攻撃に対して無防備状態」と指摘している。多くの企業はアンチウイルスを優先しており、DNSのセキュリティは後回しにされがちだとしている。

 Dimensional Researchは、企業の多くが実際に攻撃を受けてからDNSの防御に取り組みだすという状況が浮き彫りになり、予防措置的に取り組まなければ、Dynで発生したような被害が蔓延するだろうと警鐘を鳴らしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算