ガートナー、「RPAは過度な期待と過剰なマーケティング」と忠告

ZDNet Japan Staff 2017年10月13日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガートナー ジャパンは10月12日、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)に関する市場動向調査の結果を発表し、RPAに対する市場の過度な期待と過剰なマーケティングから混乱が見られると指摘した。

 調査は5月、ユーザー企業のIT選定に関与する担当者396人にウェブでアンケートした。RPAを「既に導入済み」と回答した企業は14.1%で、普及が進んでいない実態が判明。「導入予定/検討なし」「分からない」は60.4%で、明確な導入の意思を持ち合わせていない企業が半数以上を占めた。

国内企業のRPA導入状況''
国内企業のRPA導入状況、n=396、出典:ガートナー/調査:2017年5月

 ガートナーは、現在のRPAの大半が成熟したテクノロジの組み合わせで構成され、テクノロジとしての革新性や先進性がほぼないと指摘。ただし、優先度やコストなどの問題からこれまでシステム化されなかった手作業の業務プロセスを低コストかつ容易に自動化できるようにした点は革新的だと解説する。

 「導入済み、対象業務を拡大する」とした企業は3.8%で、一定の効果は期待されるものの、現状ではこうした実態以上に過度な期待と過剰なマーケティングメッセージから、市場では混乱がみられるとした。テクノロジや導入効果、課題、現状と将来などのRPAにまつわるさまざまな事柄に関する理解が異なることも要因として挙げている。

 リサーチ&アドバイザリ部門リサーチ ディレクターの阿部恵史氏は、RPAにおける人工知能や機械学習技術の本格的な実装と利用は今後のことだとし、企業は情報収集と評価を重ねて小規模な範囲から適用し、実運用からみえてくる課題を整理すべきとアドバイスしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算