編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
PDF Report at ZDNet

実は悩ましきOfficeの利用形態

PDF Report@ZDNet

2017-10-20 06:00

 MicrosoftのOfficeが仕事に欠かせない業務アプリケーションとなって長い年月が経つ。企業ユースだろうと、個人ユースだろうと、利用するにはそれなりに費用と手間がかかるだけに、実に悩みどころだ。

 現在のOfficeの主な提供形態は、クラウドサービスの「Office 365」と、PCなどにインストール(バンドルも)する昔ながら「Office 2xxx(西暦)」の2つ。月額課金を基本とするOffice 365は、必要なメニューを選んで契約をすればすぐに使え、企業ならユーザー数の変動にも対応しやすい。昔ながらのOfficeは使い慣れているユーザーが多い。最近ではOffice 365に押され気味だが、Microsoftでは2019年版のリリースを予定し、今後もしばらくは使っていける。

 かつて大きく注目されたOffice互換ソフトもいまだに根強い人気だ。オープンソースの「Libre Office」は、現在も継続的に機能強化やアップデートが行われている。10月10日には「Office 2007」のサポートが終了し、ユーザーには移行対応が急がれる。最近のOfficeを取り巻く状況の記事をPDFにまとめた。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]