第6回:要件定義文書を取りまとめ--不採用要求も整理、記録が必要 - (page 2)

山下博之 (IPA/SECシステムグループリーダー)

2017-10-20 07:00

千石夫人:じゃ、家への要求を整理していきましょう。私たちのこれまでの要求レベルとそれぞれの費用をざっくりまとめると、以下のようになるわね。すべての項目を高級仕様にするにはお金が足りないから、使えるお金の範囲内に収まるように、項目ごとにどのグレードにするか検討しましょう。

主な項目要求グレード対応の相対費用
標準中級高級
基本構造1200
基本オプション床材×1.0×1.1×1.2
壁材×1.0×1.1×1.2
×1.0×1.2×1.5
リビング100×1.5×2.0
台所・食堂150×1.5×2.0
寝室100×1.2×1.5
浴室・洗面120×1.5×2.0
玄関 50×1.2×1.5
外溝 50×2.0×3.0
諸費用(約10%)600

千石君:もしもの時の安全のために、壁には耐熱素材を使いたいんだ。最近のものは断熱・保温効果も高いというから、光熱費の削減にもなる。

千石夫人:私は、水回りには多少お金を使ってでも確かな設備を使いたいわ。

千石君:そうだね。装飾性ではなく実用性を重視するなら賛成だ。確かな設備を使っておけば、使用時のトラブルもそうそう起きないだろう。

*****

 こうして千石夫妻は、それぞれの要求項目について冷静に議論しました。各項目の要求グレードを合意し、そのグレードに対応する具体的なメニューをカタログから選定していきました。かくして、用意できる資金に見合った現実的なマイホームの要件を取りまとめたのでした。

主な項目合意グレードと所要費用説明
標準中級高級費用
基本構造12001200共通
基本オプション床材×1.0×1.1×1.20
壁材×1.0×1.1×1.2240耐熱素材を使用
×1.0×1.2×1.5240外観に多少のこだわり
リビング100×1.5×2.0100
台所・食堂150×1.5×2.0225それなりの設備
寝室100×1.2×1.5120それなりの設備
浴室・洗面120×1.5×2.0180それなりの設備
玄関 50×1.2×1.550
外溝 50×2.0×3.050徐々に整備
諸費用(約10%)600600共通
合計2450311539953005

システム開発編:要件を最終的に取りまとめ、文書化する

 千石君のプロジェクトは、要件定義プロセスの「要件の評価」アクティビティの真最中です。各部門からの業務要求を取りまとめ、概算による仮見積り結果をもとに一次評価を行った結果、当初予算をオーバーすることが判明しました。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]