内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」

イノベーション推進におけるIT部門の役割

内山悟志(ITRプリンシパル・アナリスト) 2017年10月18日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載の前回「イノベーション推進組織の活動」では、イノベーションの創出・推進のための組織が担うべき役割を提案しました。今回は、こうした取組みにおいて従来のIT部門が支援すべき活動について考えます。

従来のIT部門がイノベーション推進においてなすべきこととは

 デジタルビジネス推進のための組織体制にはいくつかパターンがありますが、IT部門内にイノベーション推進チームを設置した場合、このチーム以外の従来のIT部門はイノベーションに対してどのような役割を果たすべきでしょうか。

 また、事業部門や専門組織が主体となってイノベーションを推進しようとする際に、IT部門はこれらの活動に対してどのような支援を提供することができるのでしょう。その際の役割には、「イノベーションを促進するIT環境の整備」と「イノベーション・システムの構築・運用への支援」の2つが期待されていると考えられます(図1)。

図1.従来のIT部門のイノベーション支援(出典:ITR)
図1.従来のIT部門のイノベーション支援(出典:ITR)

 イノベーションを促進するIT環境の整備: ITを活用したイノベーションを実現するためには、まずは社内のユーザーの知的活動が円滑に行われることが重要となります。創造的なアイデアが生まれやすい、協調的な作業を行いやすい、データや情報を高度に分析・活用できるといった環境を整えることが求められます。

 これらは、これまでもIT部門が提供してきたものですが、それをより一層推し進めることがイノベーションの促進に役立つはずです。ITインフラや基幹業務システムなどの従来から提供していたIT基盤についても、柔軟な外部連携や新規サービスの展開において足かせとならないよう、変化適応力のあるものへと構造改革していくことが重要な任務となるでしょう。

 イノベーション・システムの構築・運用への支援: 事業部門や専門組織が推進するイノベーション案件は、早期立ち上げが重要視され、事業の成長に応じて変更や拡張が繰り返されます。また、開始当初はそれほど性能や安定稼働が強く求められませんが、次第に運用要件が厳しくなることも珍しくありません。

 この領域は、社内システムとは違って事業活動に直結し、顧客や取引先に影響を及ぼすため、事業が本格化するに従って堅牢で安定的な運用が要求されることとなるためです。本番運用されるようになると、技術標準、セキュリティ、共通化・共有化・統一などによる全体最適化、運用保守性などを考慮する必要が生じ、アーキテクチャ指向や運用視点などIT部門が培ったノウハウが必要となります。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算