編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
調査

50Gbps以上のDDoS攻撃を受けた企業は2015年の4倍以上に----A10調査

NO BUDGET

2017-10-18 06:00

 A10ネットワークスは、分散型サービス妨害(DDoS)攻撃の最新トレンドに関する調査結果を発表した。

 これによると、2017年の直近の調査で50Gbps以上のDDoS攻撃を受けた企業は、2015年の4倍以上に増加していることが分かった。2015年のデータでは、わずか10%の回答者が50Gbps以上の攻撃を受けたと答えていたが、今回の調査では42%の回答者が50Gbps以上の攻撃に遭遇しているという。


DDoS攻撃の平均サイズと回数

 また、2015年に行われた同様の調査では、1Tbps以上の攻撃を受けたという回答者はいほとんどいなかったが、今回調査した回答者のうち2%は、自社が直面しているDDoS攻撃の平均サイズが1Tbps以上であると答えている。

 DDoS攻撃の対象については、ファイアウォールやルータなどのネットワーク層に対するものだったと回答したのは29%。それ以外には、アプリケーションやサーバを対象とするアプリケーション層への攻撃(25%)、接続帯域幅を対象とするネットワークボリューム攻撃(25%)、DNSやCGNATなどのサービスに対するインフラストラクチャサービス攻撃(21%)となっている。


DDoS攻撃の対象階層

 DDoS攻撃によるダウンタイムについては、平均36時間以上だったと回答したのは3%で、2015年の17%から大幅に減少している。また、32%はダウンタイムの平均が3〜6時間だったと回答し、2015年に比べて1%減少している。


DDoS攻撃を受けた際のダウンタイム比較

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]