グーグル、ハッキングを受けやすいユーザー向けの保護プログラムを開始

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部 2017年10月18日 09時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間10月17日、ハッキングを受ける可能性が通常よりも高い人々のGoogleアカウントを特に保護するための新しいセキュリティ機能をリリースした。


提供:Justin Sullivan/Getty Images

 この「高度な保護機能プログラム」は、次の選挙に向けて準備する選挙活動関係者や、機密の情報源を保護する必要のあるジャーナリスト、虐待を受けていて身の安全を求めている人々などを対象に作成されている。

 Googleで同プログラム」の製品マネージャーを務めるDario Salice氏は、ブログの投稿の中で、Googleが少数ユーザーのためにプログラムを作成するという異例の措置を取った理由として、インターネット上でこうしたユーザーのリスクが高まっていることと、その保護を強化する必要性がこれまで見過ごされていたことを挙げた。

 選挙運動関係者に関しては、ロシアが2016年の米大統領選挙に干渉したとするニュースがこの数カ月間新たに報じられ、Google、Facebook、Twitterに厳しい目が向けられてきたことから、Googleがこうした問題に対処しているのは明らかだろう。Googleはまた、同社の検索ページに掲載されたロシア関連の広告が、2016年の大統領選挙に影響を及ぼすために利用された可能性があることを明らかにして以来、他の新しいセキュリティ対策にも取り組んできた。

 高度な保護機能プログラムでは、新たな防御壁が提供される。Googleのプログラムに登録しているユーザーが、「Gmail」や他のGoogleアカウントにログインするには、物理的なセキュリティキーをUSBポートに挿入することが必要になる。また、GoogleはGmailと「Googleドライブ」のアカウントにフルアクセスできるアプリを限定している。現時点では、Googleのアプリしか含まれていないが、対応アプリの数は今後増える見込みだ。

 さらに、ユーザー(またはユーザーになりすまそうとしている何者か)がGoogleに対し、自分のアカウントがロックされていることを伝えると、Googleはそのリクエストに対して追加の審査を行い、アカウントにアクセスできなくなった理由をさらに詳しく尋ねる。

 現在、高度な保護機能プログラムを利用できるのは一般ユーザー向けのGoogleアカウントのみだ。Googleアカウントを持っているすべての一般ユーザーがこのプログラムに申し込めるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算