編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

NEC、IoTシステムのエッジ層やデバイス層を保護--データ発生源から暗号化

NO BUDGET

2017-10-19 07:30

 NECは10月12日、モノのインターネット(IoT)システムのエッジ層やデバイス層を保護する2種類のソフトウェアを発表した。

 1つ目の「SecureWare/Credential Lifecycle Manager」は、エッジやデバイスが分散配置されているIoTシステムにおいて、不正な接続を防ぐための相互認証および暗号化に必要な、デバイスID、暗号鍵(公開鍵/共通鍵)、電子証明書を作成、管理する。エッジやデバイスに対する暗号鍵や電子証明書の管理・設定工数を削減するほか、専門技術がなくても容易に管理、設定できるとしている。

 2つ目の「軽量暗号 開発キット」は、独自の暗号化技術「TWINE」と認証暗号方式「OTR」を活用し、センサのようにCPUやメモリなどのリソースが限られたデバイスでも、暗号化や改ざん検知の機能を高速に動作させることが可能だ。

 センサに組み込めばデータの発生源から暗号化することが可能になり、データや制御命令の改ざん検知も同時に処理することで、データ収集やデバイス制御の信頼性を確保できる。SecureWare/Credential Lifecycle Managerと連携することで、暗号鍵をリモートから安全に更新でき、安全性を高められるとしている。

 SecureWare/Credential Lifecycle Managerは、10月31日から提供開始で税別価格は50万円から。軽量暗号 開発キットは10月12日の提供開始で同5万円から。販売目標は今後3年間で10億円。

IoT向けセキュリティ対策における3つの注力技術領域と対応製品
IoT向けセキュリティ対策における3つの注力技術領域と対応製品(出典:NEC)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]