企業決算

IBMの第3四半期、「z Systems」販売やクラウド事業が好調

Larry Dignan (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2017-10-18 10:42

 IBMは米国時間10月17日、2017会計年度第3四半期決算(9月30日締め)を発表した。新しい「IBM z Systems」メインフレームの販売に加えて、クラウド事業やコグニティブコンピューティング事業が好調だった。

 第3四半期の売上高は前年同期比1%減の192億ドル、非GAAPベースの1株あたり利益は3.30ドルだった。GAAPベースの1株あたり利益は2.92ドルだった。

 アナリストらは売上高を186億ドル、非GAAPベースの1株あたり利益を3.28ドルと予想していた。また、アナリストらは同社の利益の質に注目するだろうと見込まれていた。

 しかし最も注目されたのは、同社の定番商品であるメインフレームの販売が好調だったために売上高が予想を上回った点だった。最新のz Systemsは、セキュリティが強化され、移送中のデータを暗号化するようになっている。データ漏えい事件が頻発するなか、IBMはこの特長によって新たな市場機会を見出している。同製品の売上高が前年同期比64%増となったことから考えて、顧客が興味を示しているのは明らかだ。

 また、「戦略的必須事項」の売上高が全体の45%を占めた。アズ・ア・サービスの年間ランレートは94億ドルだった。

 通期の見通しについて、IBMは非GAAPベースの利益が1株あたり13.80ドル以上になるとみている。

 その他の主な業績は以下の通り。

  • コグニティブソリューション事業の売上高は前年同期比4%増の44億ドル。
  • グローバルビジネスサービス(コンサルティングなど)事業の売上高は2%減の41億ドル。
  • テクノロジサービス&クラウドプラットフォーム事業の売上高は3%減。
  • システム事業の売上高は10%増の17億ドル。
IBM Q3
IBM Q3
IBM Q3

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]