編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
日本株展望

いつまで続く?--資源安メリットからの世界丸ごと好景気 - (page 2)

ZDNet Japan Staff

2017-10-18 11:00

資源安メリットが世界景気を押し上げる局面に

 2008年に起こったリーマンショックは“金融危機”といわれる。「米国で住宅ローン(サブプライムローン)の不良債権化をきっかけに起こった金融危機が世界に波及、世界的な景気後退につながった」と説明される。

 窪田氏は、リーマンショックを起こした要因は2つあると考えている。1つは、米国発の金融危機。もう1つは、資源価格急騰による高インフレが世界の消費を押しつぶしたこと、と考えている。

 2008年前半は世界的にインフレ高進が話題になった。中国の消費者物価指数は一時、前年比8.5%上昇した。新興国では軒並みインフレ率が10%を超えていた。一部で「ハイパーインフレ懸念」という言葉も出ていた。日本ですら、一時消費者物価指数の上昇率が2%に達した。2008年4~6月は、ガソリン価格の急騰で日本の道路から自動車が大幅に減少した。リーマンショック直前には、インフレによって消費が押しつぶされる兆しが出ていたわけだ。

 ひるがえって今の世界経済はどうだろう。窪田氏は、資源価格急落の恩恵が世界景気を押し上げる段階に入っていると考えている。

 資源価格が急落してからその恩恵で世界景気が改善するためには、一定の時間差が必要だ。資源価格の急落直後は、資源安ショックで世界景気が悪化するからだ。2014、2015年の資源急落が、どう世界景気に影響を及ぼしたか、簡単に説明すると以下の通りだ。

・2016年1~3月

 資源急落の影響で、資源国(ブラジル、ロシアなど)の景気が悪化した。日本は資源の輸入国だが、資源安ショックで景気と企業業績が悪化した。

 日本は、長い目で見れば資源安の恩恵を受ける国だが、短期的には原油急落でダメージを受けた。2016年1~3月の企業業績は、資源安の影響で大きく下ぶれした。総合商社で資源権益の巨額減損が発生した。資源を輸入して加工する石油精製、鉄鋼、化学などの素材産業は、資源の高値在庫を抱えていたため在庫評価損が発生した。

 世界全体の景気にとっても同じだった。2016年前半は、原油の輸入国である米国、欧州、中国も逆原油ショックでダメージを受けた。米国ではシェールガス・オイル産業の業況が悪化した。中国でも石炭などの資源開発を進めていた国営企業の経営が悪化した。

・2016年後半以降

 資源価格が全般に反発した。それで資源国の景気も持ち直した。資源の利用国では高値の在庫がなくなり、ようやく資源下落のメリットを得られるようになった。

世界同時景気回復はいつまで続くのか

 経済は循環する。好不況は何回も繰り返すものだ。今、世界景気は好調だが、それが無限に続くことはあり得ない。

 現在の好景気はいつまで続くだろうか。参考になるのが1980年代後半の動きだ。1980年代の前半に原油価格は急落した。その影響が1980年代後半に出た。

 1987年には“逆オイルショック”という言葉が世界に広がっていた。原油価格急落のショックで世界景気は不調だった。ところが、原油価格が反発してから約1年のタイムラグを置いて世界景気は回復した。1988、1989年は好調が続いた。

 その経験を現在に当てはめるならば、以下のようになる。「2017年前半は逆オイルショックで世界景気は不振。2017、2018年は原油下落メリットで世界景気が好調。2019年辺りから世界景気は息切れ」と考えられる。

 実際にどうなるか分からないが、1つのシナリオとして頭に置いておくといいだろう。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]