日本IBM、RPAソフトを本格展開--BPM連携で業務全体を効率化

藤本和彦 (編集部) 2017年10月23日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは10月20日、繰り返しの定型作業をソフトウェアロボットで自動化するRPA(ロボティックプロセスオートメーション)ソフト「IBM Robotic Process Automation with Automation Anywhere(IBM RPA)」を発売した。業務全体の効率化と人員配置の最適化を支援する。

 7月に提携した米Automation AnywhereのRPAソフト「Automation Anywhere Enterprise」とIBMのビジネスプロセス管理(BPM)ソフト「IBM Business Process Manager(BPM) Express」を統合したもの。単純作業の自動化や大量作業の効率化、人的ミスの削減といったRPMの適用範囲だけでなく、業務全体の管理や可視化、業務の分析、改善などBPMの領域まで一貫してカバーするという。

IBM RPAの目指すところ
IBM RPAの目指すところ

 業務アプリケーションのGUI操作をソフトウェアロボットが代行することで、これまで手動で処理していた作業を自動化する。画面操作を記録することでロボットを作成できるほか、ウェブブラウザやアプリケーション、ファイルなどを操作する約500種類のコマンドを使ってカスタマイズしたり、複雑な処理を追加したりできる。

 ロボットの稼働状況やスケジュールなどを集中管理する機能や、ロボットの起動と連携システムへのアクセスを管理するセキュリティ機能などを用意する。

 税別価格は月額130万3000円。IBM BPM Expressのライセンス(840PVUまで使用可能)と、Automation Anywhereの5ボット、10開発者、3管理サーバのライセンスが付属する。ボットは1体当たり月額6万5200円で追加可能。

 認知技術「IBM Watson」をはじめとする同社製品とのすみ分けについては、「Watsonを“ファジー”なことを判断する右脳とするならば、Automation Anywhereは手となる存在。BPMは全体を制御する中枢神経だ」(日本IBM 理事 クラウド事業本部クラウドソフトウェア事業部長 望月敬介氏)と説明した。

製品のすみ分け
製品のすみ分け

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算