編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」
海外コメンタリー

「Windows Server 2016」最新版、どの機能が消えたか - (page 2)

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-10-24 06:30

 バージョン1709として提供されているのは「Standard」エディションと「Datacenter」エディションのみだ。また、Windows Server 2016ではインストールの選択肢としてServer Coreと「Server with Desktop Experience」が用意されているが、バージョン1709ではServer Coreのみとなっている点にも言及しておく必要があるだろう。

 筆者はMicrosoftに対して、Windows ServerのEssentialsエディションを今後提供し続ける予定があるかどうかを尋ねたが、現時点で回答は得られていない。

 以下の表は、バージョン1709のStandardエディションとDatacenterエディションそれぞれで利用可能な新機能の一覧だ。

 また、バージョン1709向けのリリースノートに記されている通り、記憶域スペースダイレクト(Storage Spaces Direct:S2D)はバージョン1709に搭載されていない。

 S2Dは、Windows Serverクラスタ全体を1つにまとめ上げ、各サーバが互いのローカルストレージデバイスすべてにアクセスできるようなバスを実現する。S2Dはまず、「Windows Server 2016」の機能として導入された。その際にはMicrosoftによって「当社のハイパーコンバージドプラットフォームの基盤」だと説明されていた。

 情報筋の1人から筆者が9月に耳にした話によると、MicrosoftはS2Dの品質に満足していないため、バージョン1709から、すべてのソフトウェア定義データセンターアプリケーションで使えなくする道を選んだのだという。その結果、S2Dを採用したWindows Server 2016配備に、バージョン1709が稼働するサーバを追加することはできなくなっている。

 S2Dの次のアップデートは「Redstone 4」、すなわち2018年4月にロールアウトが予定されている「Windows 10」のクライアントとサーバに対するアップデートの一環として実施される可能性もある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]