NEC、人工知能でサイバー攻撃に対応する新サービス

ZDNET Japan Staff

2017-10-24 17:41

 NECは10月24日、セキュリティ新サービスの「ActSecure セキュリティリスク管理サービス」と「ActSecure セキュリティ異常検知サービス」を発表した。人工知能(AI)がサイバー攻撃の検知や分析を行うため、攻撃への対応時間を大幅に短くできるという。

 ActSecure セキュリティ異常検知サービスでは、AIが一般に公開されていないシステムやソフトウェアなどの脆弱性を悪用するサイバー攻撃や、コンピュータのメモリ空間などで活動してウイルス対策ソフトのファイルスキャンなどでは検知されない通称「ファイルレス攻撃」に対応する。

 AIは、平時のシステム全体のプロセスやファイル操作、ネットワークトラフィックといった状況を学習してモデル化する。AIは、モデルをもとにした監視を行い、いつもとは異なる状況を検知すると、「異常」として警告する。「異常」について詳しい分析も実施する。NEC社内の検証では、5日を要する手作業がAIで1時間半になり、業務時間が100分の1程度に短縮した。

ActSecure
ActSecure セキュリティ異常検知サービスのイメージ

 ActSecure セキュリティリスク管理サービスは、PCなどの脆弱性対策を提供する。脆弱性情報の提供や有無の調査、脆弱性が残る端末の特定、対策アドバイスを行う。NECがグループ内の約18万台のPCやサーバにこの仕組みを適用した結果、脆弱性のある端末の特定が2、3週間程度から1時間になったとしている。

 1アカウントあたりの月額サービス利用料(税別)は、ActSecure セキュリティ異常検知サービスが1700円、ActSecure セキュリティリスク管理サービスが1200円。利用するには、最低500アカウントの契約が必要になる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]