「Skype for Business」と「Microsoft Teams」の統合ロードマップ公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-10-25 12:26

 Microsoftは米国時間10月24日、「Skype for Business」のユーザーをグループチャットサービスである「Microsoft Teams」へと移行するための日程の一部を公開した。これは、同社が9月に開催した「Microsoft Ignite」カンファレンスにおいて、10月初めに公開するとしていたロードマップを構成するものだ。

 なおMicrosoftは、オンプレミス環境で動作する「Skype for Business Server」の新バージョンを2018年後半に提供する予定だ。

 以下は、現在分かっていることと、その日程をまとめたものだ。

メッセージング機能

 Microsoftは、2018年第2四半期中に、Teamsに既に搭載されている常設チャットルームでのチャットや、プライベートチャット、グループチャットに対する機能強化を実現する。これには、チャット時の画面共有機能や企業間のフェデレーション機能が含まれている。

ミーティング機能

 Teamsは画面共有機能や、ミーティング後におけるチャネル内でのミーティングチャットのキャプチャー機能、音声会議機能(現在はパブリックプレビュー段階)を既に提供している。また同社は、2018年の第2四半期中にミーティングルームに対するサポートも追加する計画だ。これには「Skype Room Systems」のサポートのほか、サードパーティーのミーティング機器をTeamsのミーティング機能に接続できるようにするための、クラウドを用いたビデオの相互運用機能が含まれている。

通話機能

 Teamsは数多くの通話機能を既に実現しているが、さらに多くの機能が2018年第2四半期中に追加される。これには、電話会社の既存の音声通話回線を用いて「Office 365」の通話サービスを起動する機能が含まれている。

Skype for Business Microsoft Teams

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]