編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
展望2020年のIT企業

成長事業の柱に育てるKDDIのIoTビジネス戦略

田中克己

2017-11-13 07:30

 KDDIがIoTビジネスを法人事業の柱に育てる強化に乗り出した。その一環から、2017年2月にクラウドインテグレータのアイレットを、同年8月にIoT通信プラットフォームを展開するソラコムを子会社化する。IoTに簡単に取り組めるテンプレートやIoTソリューションの品ぞろえもする。IoTビジネスを企画するビジネスIoT推進本部の原田圭悟ビジネスIoT企画部長は、IoTビジネスの数値目標を明かさなかったものの、1000億円をはるかに上回る規模を目指す作戦を考えている。

強みはセンサからクラウド、データ分析までをワンストップ提供すること

 「IoTは、指数関数的に伸びると言われているが、そんなスタートになっている」と、原田部長はIoTビジネスの立ち上がりに手ごたえを感じている。それを物語るのが、2015年にスタートした電力会社のスマートメーター向け通信モジュールだ。30分ごとに電力使用の検診データを送信するもので、電力会社9社が採用する。月10万以上、年間100万超の需要に拡大し、IoTビジネスの主力商品になっている。

 もう1つ主力商品がある。2016年に開発が始まったトヨタ向けグローバル通信プラットフォームだ。2019年から本格化するだろう“つながるクルマ”を実現する車載通信機とクラウド間の高品質で安定した通信を、グローバルに提供するもの。トヨタ以外への広がりも期待されている。

 KDDIは、これらIoT活用に必要な低消費電力の無線通信技術LPWAやSIMカードなどの回線サービスやセンサなどのデバイス、クラウドサービスを提供する。中でも、センサの種類は2000にもなる。例えば、工場の生産設備の故障をいち早く見つけ出す振動検知センサは、1週間から1カ月前に故障を予知し、早めの部品交換を可能にする。地滑りを15分前に検知するセンサーもある。

 IoTビジネスにおけるKDDIの強みは、これらセンサからクラウド、データ分析までをワンストップで提供できること。クラウドとセンサを組み合わせたレディメイド型ソリューションや、空室や節水を管理するトイレIoTなどといった特化型ソリューションも用意する。「こんなことをやりたい」というユーザーには、アジャイル開発で試作、改善していく方法で応える。

 「SI企業はどこもやっていないサービス」と原田部長が自慢するのは、センサからのデータとKDDIの所有データを掛け合わせたデータ分析によって、新しいビジネスの創出につなげるサービス。レベニューシェアのビジネスモデルにも取り組むなど、こうしたIoT関連のプレスリリースを毎週するほど力を入れているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]