編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

セキュアブレイン、なりすまし検知機能を実装するモバイルアプリ用SDK

NO BUDGET

2017-10-26 07:05

 セキュアブレインは10月19日、モバイルアプリになりすましの検知機能を組み込む開発キット(SDK)「MORE(モア)」を発売した。機械学習でリスクスコアを判定し、異常な振る舞いを検知する。伊セキュリティ企業のXTNが開発。欧州の大手銀行やECサイトで導入実績があるとしている。

 利用者の動的要素や端末情報、ネットワーク環境など数百のパラメータを収集し、機械学習技術によるリスクスコアで判定することで、通常とは異なる動きを検知する。なりすましによるログインをリアルタイムに通知し、ウェブベースのコンソールで統計情報などを管理することができる。

 金融機関やEC企業のほかにも、ログイン認証が必要なサービスを展開している企業であれば、アプリケーションになりすまし検知機能を実装可能となっている。

 動作環境はiOS 8以上、Android OS 4.1以上、Windows Phone 8.1、Windows 10 Mobile。費用は個別見積もり。

システムの概要
システムの概要(出典:セキュアブレイン)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]