編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
BlackBerry Security Summit

「我々はソフトウェアとサービスカンパニーだ」--BlackBerry CEOが宣言

末岡洋子

2017-10-26 07:30

 カナダのBlackBerryは10月24日と25日、英国ロンドンで「BlackBerry Security Summit 2017」を開催した。24日の基調講演では、同社のエグゼクティブチェアマン兼最高経営責任者(CEO)のJohn Chen氏が集まった500人以上のパートナーや顧客を前に、セキュリティを中心としたソフトウェア企業への転身戦略の成果を披露した。


BlackBerry エグゼクティブチェアマン兼CEOのJohn Chen氏

 BlackBerry Security Summitは、同社がセキュリティ技術の紹介を目的に、毎年米国ニューヨークで開催するイベント。今回で4回目となり、米国外で開催する初のSecurity Summitとなった。

 QWERTYキーボードとセキュリティの高いメッセージングができるスマートフォンメーカーとして一世を風靡(ふうび)した同社だが、iPhoneの登場後、タッチ主導の新しいスマートフォンのトレンドに乗ることができず、苦境に陥る。立て直しを目的に約4年前に幹部を入れ替え、以来ハードウェア事業からソフトウェア中心のビジネスモデルへ転身を図っている。

 基調講演は、その立役者であるChen氏がBlackBerryの方向性を説明した。

 Chen氏はまず、セキュリティ市場の現状から話した。2017年もセキュリティの話題は事欠かない。CEO辞任に至った信用情報会社Equifaxのデータ漏えいによる損害は1億4300万ドルと見積もられている。その前のWannaCry問題では150カ国の企業が影響を受け、40億ドル相当の被害が及んだという。

 IoTにより攻撃領域は拡大しており、2016年サイバー攻撃による被害は4000億ドルだったのが、2021年には6兆ドルと予想されている。企業のサイバーセキュリティ投資は800億ドルから1兆ドルと10倍以上の拡大が予想されるが、人材不足の課題はもっと大きくなる。現在20万人分のサイバーセキュリティ職が空いたままになっているが、2021年にはさらに深刻になり、350万人になるという。

サイバーセキュリティが関連した問題はさらに深刻化すると予想されている''
サイバーセキュリティが関連した問題はさらに深刻化すると予想されている

 Chen氏の下、BlackBerryは音声とデータの暗号化技術Secusmart、バーチャルSIMのMovirtu、エンタープライズのデータ同期・共有のWatchDox、危機管理のAtHoc、モビリティ管理のGood Technology、サイバーセキュリティサービスのEncriptionなどの買収を重ねてきた。そして2016年末、セキュリティミドルウェア「BlackBerry Enterprise Server(BES)」や買収した技術を合わせ、「BlackBerry Secure Platform」として1つのプラットフォームにすることを発表した。「1つのプラットフォーム、1つのユーザー体験」とChen氏は説明する。

 BlackBerry Secure Platformの下、BESは「BlackBerry UEM」、Good Dynamicsは「BlackBerry Dynamics」、WatchDoxは「BlackBerry Warkspaces」などとBlackBerryブランドに統一し、分かりやすくした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]