編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
BlackBerry Security Summit

「我々はソフトウェアとサービスカンパニーだ」--BlackBerry CEOが宣言 - (page 2)

末岡洋子

2017-10-26 07:30

 セキュリティは競合激しい分野だが、BlackBerryが狙うのはエンタープライズモビリティだ。Chen氏はこれを「Enterprise of things(EoT)」とし、コンシューマーを中心に進んでいるIoTの波がエンタープライズ(企業)にも押し寄せ、製品の開発、マーケティング、物流、販売とあらゆる面で影響を受けるとする。そこで使用・共有されるデータと端末の保護を行うのがBlackBerryの戦略だ。IoTプラットフォーム側では、車載システムなどで大きなシェアを持つ「QNX」を持ち、スマートフォンやタブレットなどのデバイス側では様々なプラットフォームに対応するモバイルデバイス管理、アプリケーション管理、コンテンツ管理、ID管理を含む「BlackBerry Enterprise Mobility Suite」を備える。

 「データと通信がある全てのエリアをカバーする。EoTの土台となるプラットフォームだ」と、Chen氏はBlackBerry Secure Platformの位置付けを説明した。

 新生BlackBerryは、Secure Platformを中核に、セキュリティ技術をオンプレミス、クラウドベースで提供するのに加え、3つの柱を持つ。1つ目は、自動車や様々なデバイスに向けたQNX事業、2つ目は、スマートフォンOEM向けにBlackBerryブランドや技術のライセンス事業、3つ目がプロフェッショナルサービスだ。

BlackBerry
BlackBerry Secure Platformを中核に、エンタープライズ、組み込み、プロフェッショナルサービス、ライセンスの4つが新しいBlackBerryの事業の柱となる

 Chen氏は就任当初、セキュリティを中心にソフトウェアへ注力する方向性を打ち出した時、「アナリストを始め、市場はネガティブだった」と振り返る。顧客に会っても、最新のスマートフォンが最大の関心事だったという。「過去の遺産を誇りに思っているが、将来に向けて我々はハードウェアビジネスから脱してソフトウェア側に移行する必要があった」

 戦略を進めた結果、BlackBerryは転身を遂げている。アナリストの評価も上々で、例えばGartnerのエンタープライズモビリティ管理マジッククアドランドでは「リーダー」カテゴリーにランクされた。「戦略と執行を進めた結果、ナンバーワンのサイバーセキュリティソフトウェアカンパニーと認識されるようになった」とChen氏は胸を張った。「だがこれは始まりにすぎない。今後も取り組みを継続する」と続ける。

 既に黒字化を果たしており、直近の四半期決算ではソフトウェアとサービスの売り上げは過去最高の1億8500万ドルを記録した。「収益性は改善しており、ソフトウェアとサービスの成長率も1年前の3%から今年度は10~15%を見込んでいる」とChen氏。「全てのセグメントで営業利益は伸びている。キャッシュフローも健全だ」と、立て直しの成果を報告した。

 現在、市場の反応が変わったことを手応えとして感じており、「メディア、顧客、アナリストらが我々を見る目が変わった。メッセージを伝え続けた結果だと思っている」とChen氏は述べる。

 市場戦略で重要なのはパートナーだ。「1社で直接全ての顧客にリーチすることは不可能」とChen氏は述べ、財務、政府、ヘルスケアなど規制の厳しい業界以外はパートナー戦略を進めると説明した。エンタープライズのチャネル事業は前年度比75%で成長しており、BlackBerry Technology Solutionsチャネル事業も25%、エンタープライズアプリマーケットプレイスも44%で成長していると報告し、会場に集まったパートナーに感謝の意を伝えた。

 BlackBerryはこの日、「BlackBerry Cybersecurity Consulting Services」としてコンサルティング事業の立ち上げも発表している。コンサルティング事業は以前から提供しているが、企業のニーズの高まりを受けて事業として立ち上げることにしたという。まずは自動車、EUの「一般データ保護規制(GDPR)」の2種類向けに専門ソリューションを用意。自動車ではセキュリティをプロセスに取り込むためのガイダンスに始まり、開発者が安全なサービスを開発するためのトレーニングなど細部をカバーする。GDPRでは資産のマッピング、データ保護責任者サービス、順守状況の評価とモニタリングなどが含まれる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]