編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

The Linux Foundation、Linuxカーネル開発に関する最新レポートを発表

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-10-26 10:42

 The Linux Foundationによると、Linuxは現在、パブリッククラウドワークロードの90%を実行し、世界のスマートフォン市場で82%、組み込み市場で62%、スーパーコンピュータ市場で99%のシェアを保持しているという。それらすべてがLinuxカーネルで動いている。Linuxカーネル開発者でLWN.net編集責任者のJonathan Corbet氏と、Linuxカーネルのstable(安定版)ブランチのメンテナーであるGreg Kroah-Hartman氏が、2017年の「Linux Kernel Development Report」(Linuxカーネル開発に関するレポート)の中でLinuxの進化について報告した。

 このレポートは、チェコ共和国のプラハで開催のイベント「Linux Kernel Summit」で現地時間10月25日に発表された。2005年に「Git」バージョン管理システムが採用されてから、1400社超の約1万5000人の開発者がLinuxカーネルの開発に貢献してきた。2016年以降でみると、500社超の約4300人の開発者が同カーネルの開発に貢献している。その約3分の1に相当する1670人は初めて同カーネルの開発に貢献した。

 この1年間にLinuxカーネル開発を支援したトップ10企業には、IntelやRed Hat、Linaro、IBM、サムスン、SUSE、Google、AMD、Renesas Electronics、Mellanox Technologiesが含まれる。Microsoftは今も貢献しているが、もはや上位のコントリビューターではない。

 開発者と企業の数の増加と同様に、Linux開発のペースも加速し続けている。2015年~2016年には、1時間あたり7.8件のパッチが作成された。この1年間、1時間あたり平均8.5件の変更がカーネルに取り込まれた。これは誤字ではない。本当に1時間あたり8.5件(1日当たり204件)のコード変更が行われている。

 リリースあたりの開発所要時間は平均67.66日で、前年の66日から若干増加した。リリースの間隔は63日か70日のいずれかで、次のリリースがいつになるのかを予測しやすい。より短く、より予測しやすいリリースサイクルへと向かうこうしたトレンドは、開発規律の向上によってもたらされたものだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]