編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

日立、IoT基盤「Lumada 2.0/Jサービススタック」を国内提供--デジタル変革支援

NO BUDGET

2017-10-30 10:58

 日立製作所は10月25日、IoTソリューション「Lumada 2.0/Jサービススタック」の国内提供を始めた。IoT基盤「Lumada」を構成するソフトウェア群とデータ活用サービス、SaaS用ビジネス基盤などで構成される。

 日立は2016年5月にLumadaを提供開始。2017年9月にはソフトウェア群を体系化した「Lumada 2.0」の販売を始めた。「アセットアバター」を取り入れている点が特徴の一つ。企業や工場のアセットの状態をデジタル上に再現し、生産設備の故障などを予測する。

 新たに提供するサービススタックは、制御運用技術「OT(Operational Technology)データ収集基盤」、イベント駆動型フレームワーク「Hitachi Application Framework/Event Driven Computing(HAF/EDC)」、データ分析基盤「Pentaho」などを含めたソフトウェア群と、データ活用システムの開発・導入・運用を支援する「データ・レバレッジ・サービス」、ユーザー認証や課金管理、アプリ監視などサービス提供に共通する機能をまとめた「SaaSビジネス基盤」などで構成される。

サービススタックの構成内容
Lumada 2.0/Jサービススタックの構成内容(出典:日立製作所)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]