各国の政策に働きかけてセキュリティを担保--BSAがアジェンダを公開 - (page 2)

日川佳三

2017-11-16 11:03

データを自由に移動できるように政策面で働きかける

 サイバーセキュリティアジェンダの5つの議題ごとに、政策上での具体的な課題がたくさんあるとCooper氏は言う。

 具体的な課題の1つが、国家をまたがったデータの移動だ。脅威の傾向を分析したり脅威を検知したりするためには、世界中からデータを集めてくる必要があるが、このためには、データを世界中で移動できることを担保しなければならない。


 国の政策によっては、国家をまたがったデータの移動に制限をかけているケースもある。例えば、自由なデータの流れを貿易協定の条項で阻害している、といった具合だ。

 こうした国に対してBSAは、2つのアクションを行う。1つは、政府と直接対話し、その国の政策が適切ではないことを説明する。もう1つは、データの流れに制限をかける政策を他の国が採択することがないように、日米のような同志国が力を合わせて国際的なフレームワークを形成する。

TPPもサイバーセキュリティを後押ししている

 BSAでは、サイバーセキュリティアジェンダを後押しする言説として、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)に書かれた文言も利用する。TPPには、サイバーセキュリティに関する重要な条項が3つ盛り込まれているという。

 1つめとして、国家間でのデータの流れを妨げるべきではない、ということが書いてある。世界中でどこでもデータを利用できることが大切だからだ。

 2つめとして、データを国内に保存することを義務付けるべきではない、ということが書いてある。国外に保存できないとデータの活用が進まないからだ。

 3つめとして、ソースコードの開示を義務付けるべきではない、ということが書いてある。セキュリティソフトのソースコードを開示するとセキュリティが下がる恐れがあるからだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]