編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
日本株展望

波乱の11月となるか--目前に迫る3大リスクをチェック

ZDNet Japan Staff

2017-11-02 13:25

今日のポイント

  1. 10月の日経平均は好調だったが、移動平均線かい離率から高値警戒感も。Trump米大統領絡みのリスクに注意
  2. 投資姿勢としては、ファンダメンタルズ改善を主因とする強気相場持続を見込む。2012年末以降で日経平均は111%上昇だが、同期間に予想EPSは135%増加

 これら2点について楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

絶好調だった10月の反動で11月はスピード調整?

 日経平均は、9月下旬から7週続伸と16連騰を記録し、10月は19勝2敗(上昇が19日で下落が2日)と異例の堅調をみせた。11月に入っても、低金利環境下の企業業績好調を素直に好感し、大幅高でスタート(11月1日現在)。

 ただ、テクニカル面からは徐々に高値警戒感も出ている。日経平均の50日移動平均線に対する上方かい離率は+9.6%に達し、2013年以降の「算術平均±1σ(標準偏差)」である「-3.2%~+6.6%(約7割弱の生起確率範囲とされる)」の上限を越え、2016年末の株高時に示された最大値(+9.5%)を突破した。

 そのため短期的には材料次第で利益確定売りが出やすい高値圏ともいえる。11月は、「朝鮮半島情勢がヤマ場を迎える」との観測があるとともに、Trump米大統領をめぐるロシアゲート疑惑の捜査も進んでおり、警戒を怠れない。

 とはいうものの、ファンダメンタルズの堅調を見ると、不確実性を映した短期のスピード調整はあっても、強気相場における健全な株価調整に留まる可能性が高いと考えている。

図1:日経平均と対50日移動平均線かい離率の推移(過去1年)


出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2017年11月1日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]