IBM、「Watson Data Platform」を強化--AIにフォーカス

Andrew Brust (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年11月06日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間11月2日、「IBM Cloud」上で提供している「IBM Watson Data Platform(WDP)」に対する新機能の追加を発表した。同社はこれにより、WDPを「データ科学向けOS」にする戦略を一層推し進めようとしている。別の見方をすれば、同社はWDPを人工知能(AI)向けの第一級プラットフォームにしようとしているとも言える。

 IBMは、マネージド型のNoSQLデータベースや、「Watson Machine Learning」と認知APIによる自然言語理解機能、画像認識機能、チャットボットなどを含む、数多くのサービスから構成されている同プラットフォームに対する数々の機能強化を推し進めている。

 まず同社は、「IBM Data Catalog」と「IBM Data Refinery」におけるデータのエンリッチメントやクレンジングといった能力を強化しようとしている。同社は、これによって顧客がより包括的で品質の高いデータセットを作成できるようになると考えている。このようなデータセットと、(データセット中から、他の値を予測できる相関関係を有したカラムを特定するような)エンジニアリング上の機能を組み合わせれば、より優れた機械学習モデルの作成に結びつくはずだ。

 Data CatalogやData Refineryによって収集されたメタデータは、データのガバナンスポリシーを向上させるうえでも役立てることができる。新たなデータ漏えいが日々表面化するとともに、それらデータ漏えいを無くすための規制が増加の一途をたどるなか、こういったガバナンスはますます重要になってきている。このためIBMも同社の「Unified Governance Platform」に対して、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)などの規制に準拠するための機能を含む、さまざまな新機能を搭載しようとしている。

 これらの他にもIBMは、ODPiに準拠した「Apache Hadoop」と「Apache Spark」のサービスを提供する「IBM Analytics Engine」の一般提供についても発表した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算