編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
Dreamforce

セールスフォースとグーグルが戦略的提携--Google CloudやG SuiteとCRM製品など連携へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-11-07 10:45

 Salesforceは「Google Cloud Platform」を使用してグローバルに拡大し、自社のCRMツールを「G Suite」や「Google Analytics」と統合する計画を明らかにした。

 Salesforceの「Dreamforce」カンファレンスで、このニュースとともに、対象となるSalesforceの顧客企業に対して、GoogleがG Suiteライセンスを1年間無料で提供することも発表された。

 Salesforceは既に「Amazon Web Services」(AWS)と強固な提携関係にあり、今後より多くのインフラストラクチャをAWSに移行するとしている。今回のGoogle Cloudとの提携により、Salesforceはマルチクラウドオプションのほか、アナリティクス分野での結びつきも得ることができる。Salesforceは2016年、AWSを推奨インフラストラクチャプロバイダーに指定した。MicrosoftとSalesforceもパートナーであり、時にフレネミーである。

 Google CloudとSalesforceの提携により、主に以下のことが実現する。

  • SalesforceはGoogle Cloudを推奨クラウドプロバイダーに指定した。Salesforceは中核的なサービスにGoogle Cloud Platformを利用し、グローバルなインフラストラクチャの展開を実現していく。
  • G SuiteとSalesforceのCRMプラットフォームが統合され、コラボレーションツールやSalesforceの「Lightning」と連携される。
  • Salesforceの「Quip」が「Gmail」や「Hangouts Meet」「Google Calendar」などのサービスと連携する。Quipの「Live Apps」を「Google Drive」や「Google Calendar」と組み合わせて利用できるようになる。Hangoutsとの統合により、顧客アカウントの詳細や情報をSalesforce CRMから直接利用できるようになる。
  • 「Salesforce Marketing Cloud」と「Google Analytics 360」が統合され、1つのダッシュボードで利用可能になる。「Salesforce Sales Cloud」も統合される。
Google Cloud Platformの責任者Diane Greene氏とSalesforceのCEO、Marc Benioff氏
Google Cloud Platformの責任者Diane Greene氏とSalesforceのCEO Marc Benioff氏

 マーケターの視点から見ると、SalesforceとGoogle Analyticsの統合により、広告データを顧客情報に結びつけて、リードや広告支出の効果をより優れた形で見ていくことが可能になる。

 GoogleはSalesforceを推奨CRMプロバイダーとして利用する。一方、SalesforceはG Suiteを推奨電子メールおよび生産性プロバイダーとして利用していく。

 Salesforceによると、G Suiteとのいくつかの統合機能は既に提供されているが、さらなる連携機能は2018年に提供予定だという。Quip Live AppsとGoogle Driveの統合、Google Analytics 360とSalesforceの統合は2018年前半に実現する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]