編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
Dreamforce

セールスフォース、「mySalesforce」発表--ローコードアプリ開発ツール提供

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-11-07 12:14

 Salesforceは米国時間11月6日、同社のモバイルアプリ開発を支援する次世代版ツール「mySalesforce」を発表した。mySalesforceにはローコードアプリ開発ツールが含まれており、すべてのビジネスユーザーはアプリを構築し、「App Store」や「Google Play」上で自社ブランドのアプリとして公開するという流れを数週間という短期間で実現できるようになる。

 同社が「Dreamforce 2017」カンファレンスの場で発表したところによると、この新プラットフォームは「Sales Cloud」や「Service Cloud」「Community Cloud」「Salesforce Platform」のあらゆる顧客が利用できるようになるという。mySalesforceアプリの構築には、ドラッグ&ドロップで利用でき、柔軟な設定が可能なコンポーネントのライブラリを提供する「Salesforce Lightning App Builder」を用いることになる。

 また、このプラットフォームには公開を迅速に行うための「Listing Wizard」という新たなツールも搭載されている。同ツールには、順を追って公開プロセスを指示してくれる機能や、承認を依頼する前にアプリのテストや設定を行う機能が含まれている。これに加えて、クラッシュや、問題のあるユーザーインターフェース、リンクの欠落といった、アプリの公開が拒否される典型的な要因を洗い出すこともできるようになっている。

mySalesforce

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]