松岡功の一言もの申す

システム事業も視野に?富士通とレノボの協業の行方

松岡功 2017年11月07日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通と中国レノボグループがPCの合弁事業を進めることで合意した。両社の協業は将来的に、PC以外のシステム事業にも広がるのではないか。

両社首脳が「魅力的な製品・サービスを提供」と強調

 両社のPCにおける合弁事業の内容は、富士通の100%子会社である富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の株式51%をレノボに、同5%を日本政策投資銀行(DBJ)に売却するもの。売却時期は2018年度第1四半期(2018年4〜6月)の予定だ。

 これにより、富士通のFCCLへの出資比率は44%となり、PC事業は連結対象から外れる。売却額は280億円で、そのうちレノボが255億円、DBJが25億円となる。従って、FCCLはレノボ主導となるが、社名や経営陣、製品ブランドには変更がなく、工場を含めた従業員の雇用も維持されるという。

 商流については、法人向けは従来通り富士通経由で、サポートも富士通が行う。また、国内の個人向けはFCCLが販売・サポートを行う形となる。

 両社の協業について、富士通の田中達也社長とレノボのヤンチン・ヤン会長兼CEOは発表会見で次のように語った。


富士通の田中達也社長(右)とレノボのヤンチン・ヤン会長兼CEO

 「当社がこれまで30年以上にわたって培ってきた製品開発力と製造能力に加えて、レノボが持つ世界屈指の調達力を活用するのが狙い。これにより、国内およびグローバルのお客様に一層魅力的な製品・サービスを提供できると考えており、まさに最高のコラボレーションである」(田中氏)

 「この協業は当社の日本市場に対する強いコミットメントを表したものである。日本をはじめグローバルでの当社のビジネスをさらに強固なものにすると期待している。両社の強みを合わせたシナジー効果によって、お客様により魅力的な製品・サービスを提供していきたい」(ヤン氏)

 両氏とも口を揃えて「魅力的な製品・サービスを提供したい」と強調していたのが印象的だった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算