編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
日本株展望

25年ぶりの高値更新--新局面に入った日経平均

ZDNet Japan Staff

2017-11-08 11:03

今日のポイント

  1. 日経平均が25年10カ月ぶりの高値を更新
  2. 25年前より格段に投資魅力の高まった日本株
  3. 世界景気回復の追い風も受けている
  4. 日経平均は短期テクニカル指標では過熱

 これら4点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

日経平均が25年10カ月ぶりの高値を更新

 日経平均は7日、2万2937円まで上昇し、1996年6月につけたバブル崩壊後の高値(2万2666円)を抜き、25年10カ月ぶりの高値を更新した。

日経平均月足:1989年12月~2017年11月(7日まで)

日経平均月足:1989年12月~2017年11月(7日まで)
出所:楽天証券経済研究所が作成

 日経平均は1989年末に史上最高値(3万8915円)をつけた後、バブル崩壊、金融危機、ITバブル崩壊、リーマンショックなどの危機に直面し、暴落を繰り返してきた。しかし、危機を経るたびに構造改革を実施し、足腰を強化。その成果が2012年末に始まったアベノミクス相場で一気に開花したと考えられる。

 ここまでの上昇を牽引したのは外国人投資家だ。外国人が日本株を見る目はすでに変わっている。日本経済の成長性は低下しているが、日本株の投資魅力は過去と比べて格段に高まっているからだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]