Dreamforce

“my”でSalesforceをパーソナライズ--開発者コミュニティTrailblazer支援強化 - (page 3)

末岡洋子

2017-11-09 07:00

 myEinsteinは、カスタムアプリケーションでもEinsteinを利用したいと言う顧客の声に答えるものとなる。「Salesforceの80%のデータがカスタムオブジェクトに保存されている」とBall氏。myEinsteinにより開発者(”Trailblazer”)はAIが支援するアプリをコードを書くことなく作成できる、とした。「データサイエンティストは不要だ」(Ball氏)。

 myEinsteinでは、予測機能を構築できる「Einstein Prediction Builder」、顧客の質問に答えるボット「Einstein Bots」などの新機能がある。

 CRMアプリケーション担当エグゼクティブバイスプレジデントのMike Rosenbaum氏は、ユーザー体験の「Lightning」とSalesforceをモバイルで利用できる「Salesforce」の新機能「myLightning」「mySalesforce」を紹介した。

 Lightningは新しいユーザー体験を提供するもので、これにより41%スタッフの生産性が改善したなどの例も報告されていると言う。150万人が利用しているほか、7万人の開発者がおり、30万件のLightningコンポーネントが開発されているとのこと。AppExchangeにはLightning対応アプリがたくさんある、とRosenbaum氏は述べる。

 myLightningは自社アプリのブランディングを容易にするもので、イメージ、色などにより自社のブランディングにあった体験を構築できる。ページ単位でカスタマイズできるダイナミック機能も導入した。顧客からの要望が高かった機能だ。Lightningコンポーネントを利用して特定のワークフローを構築できるワークフローエンジンも用意する。

 Salesforce(旧「Salesforce1」)は150万人が利用する人気のアプリだが、mySalesforceにより、企業はカスタムブランドアプリを構築し、GoogleやAppleのアプリストアにパブリッシュできる。Salesforceプラットフォーム上にあるため、Salesforceが行う年3回のアップデートにより最新技術が利用できると言う。

 これらに加え、2016年に買収したQuipも、「Quip Collaboration Platform」を発表した。QuipのCEO、Bret Taylor氏は「電子メール(の添付)文化を変えるべく開始した。1万人が利用するチームコラボレーション」と説明、Quip Collaboration Platformでは、Live AppsとしてQuipにアプリを組み込むことが可能になる。今回のプラットフォーム化により、コラボレーションをさらに進めることができるとした。

 Dreamforceではこの他、myIoTも発表された。これらのmyシリーズにより、開発者はパーソナライズ、カスタマイズを容易にできる。Dayon氏は最後に、第4次産業革命で求められるスキルが変化する時代にあり、TrailheadとTrailblazerコミュニティ活動によりSalesforceは自分の変革を実現するのを支援する、と強調した。「社会が変わると取り残される人がいる。Trailheadは第4次産業革命の一部になるための学びを支える」(Dayon氏)。


左からAlex Dayon氏、Sarah Franklin氏、John Ball氏、Mike Rosenbaum氏、Bret Taylor氏

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]