調査

大手銀行多数が「オープンバンキング」に大規模投資を計画--アクセンチュア調査

NO BUDGET 2017年11月09日 09時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アクセンチュアは、世界の大手銀行に対して実施した調査結果を発表した。これによると、大手銀行の経営幹部100人のうち99人が、2020年までにオープンバンキングへの大規模な投資を開始予定であると回答している。

 71%の回答者は、オープンバンキングによって顧客一人ひとりのニーズに合った金融商品・サービスや提案を受けやすくなると考えており、既に一部の銀行では、直接的な関係をもたない顧客に対し、第三者企業の金融商品を販売している。その割合は北米37%、欧州29%、アジア太平洋地域23%だった。

 調査は北米、英国、スペイン、イタリア、フランス、ドイツの収益50億ドル超の銀行と、アジア太平洋地域およびその他の欧州諸国における収益30億ドル超の銀行を対象にした。オープンバンキングに詳しい経営幹部100人に、オープンバンキングの導入に向けた意欲と計画に関して調べた。調査期間は2017年8月8日から28日。


 オープンバンキングとは、顧客の同意のもと、銀行が保有する顧客データにノンバンクの第三者企業がアクセスできる仕組み。顧客は、第三者企業がそのデータを活用して提供することにより、便利なサービスを利用できるようになる。

 オープンバンキングを脅威よりも機会と捉えている回答者の割合は、欧州が71%、アジア太平洋地域では63%、北米では60%だった。

 回答した経営幹部の52%は、デジタル変革への投資を進める他行との競争おいて、オープンバンキングを導入せざるを得ないと回答している。北米の銀行の63%は、FinTech企業やテクノロジ大手など新規参入企業と対抗する上で、オープンバンキングの導入は必要不可欠だと考えている。なお、欧州とアジア太平洋地域における、同回答の比率は、それぞれ51%と40%。

 さらに66%の経営幹部は、オープンバンキングによって新たな収益源の創出が促進されると考えており、そのうち90%は最大10%の収益アップを見込んでいる。

 一方、回答者の50%がオープンバンキングの導入により、銀行業界でさまざまなリスクが高まる懸念を抱いていることも分かった。欧州では、リスクが高まると懸念する回答が63%に上っている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算