編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

永谷園、iPad活用で工場の作業効率化--賞味期限の印字不良を確認

NO BUDGET

2017-11-10 12:30

 永谷園は、iPadを使って賞味期限の印字不良や間違いがないかどうか確認するシステムを構築した。確認作業の効率化と商品回収リスクの軽減を図っている。

 今回構築したシステムは、包装袋や化粧箱、出荷用段ボール箱のバーコードをiPadで読み取り、印字された賞味期限日付をカメラで撮影、その画像データからOCRソフトで日付を認識するというもの。茨城工場で利用を始めている。

 従来は印字されている賞味期限を管理表に切り張りし、1文字ずつ目視で確認していた。賞味期限に関する問い合わせがあると、手作業で一枚ずつ探し出す必要があり、業務効率を上げることができなかった。賞味期限確認システムの導入で作業のミスを防いだり、履歴を追いかけたりできるようになる。

賞味期限確認システムの活用イメージ
賞味期限確認システムの活用イメージ(出典:パナソニック)

 OCRソフトには、パナソニックソリューションテクノロジーの「活字認識ライブラリー」を採用。マジックソフトウェア・ジャパンの開発基盤「Magic xpa」を用いてシステムを構築した。

 現場業務のイメージを吸い上げてから、わずか1週間でプロトタイプを完成。その後、3回程度の修正を繰り返し、開発開始から半年後には運用が開始されたとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]