Dreamforce

アディダスがセールスフォースとAIアプリ--「最高のスポーツカンパニー」へ - (page 3)

末岡洋子

2017-11-13 07:00

 購入後のケアを担当するのがService Cloudだ。AdidasのアプリではSalesforceのEinstein Botsを利用した「Adibot」として、ショッピング後に送付先を変更したい、色を変えたいなどのことをチャットベースで行うことができる。「究極のサービス担当」とBuscemi氏は表現。ボットによりサービス担当は反復的タスクを自動化でき、より複雑な作業に時間を割くことができるという。


Einstein Botsを利用して、送付先を店舗受け取りに変更、商品の色も変えた。

 これらの機能を説明した後、Buscemi氏が強調したのがSalesforce共通の使いやすさだ。「これらをすべて、ノーコード、つまりポイントとクリックにより構築できる」とBuscemi氏は胸を張った。

 Adidasのアプリは米国と英国で公開、その後世界に展開する。

 Adidasは4月に3DプリンティングのCarbonと提携し、カスタマイズしたスニーカーの量産を開始している。商品のカスタマイズ、体験のパーソナライズはAdidasのデジタル時代の重要な戦略となる。CEOのRorsted氏は、「これが将来だ。(デジタルで)業界をカーニバライズするのではなく、業界を変えてしまうことができる」と述べ、それに当たってソフトウェアが重要な役割を果たすとした。


CEOのRorsted氏は、Carbonのカスタマイズスニーカーを履いていた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]