海外コメンタリー

セキュリティだけではない、クラウドへの移行を阻む3つの懸念

Christine Parizo (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2017年11月15日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドコンピューティングはすぐに消え去ってしまうような流行ではない。そして多くの組織にとって、アプリケーションやインフラだけでなく、その他のIT関連機能や業務機能を移行することは完全に理にかなった選択だと言える。しかし、クラウドコンピューティングが成熟しつつあるにもかかわらず、組織は自社インフラからクラウドに移行するうえで、データのアーカイブや統制の喪失、アップタイムなどに関するさまざまな懸念を抱いている。


提供:iStock/wildpixel

 ITリーダーはたいていの場合、IT機能をオンプレミスに残すという判断を下す際に、セキュリティに関する懸念を述べる。しかし、企業がクラウドプロバイダーを選定する際に、デューディリジェンスを実行し、セキュリティリスクと規制基準を念頭に置いておくというのであれば、この懸念は問題とならないはずだ。また、クラウドの方がオンプレミスよりもずっとセキュリティが高いという意見を述べる専門家すらいる。クラウドへの移行を阻む懸念としてセキュリティが決定的なものにならないというのであれば、他にどのような懸念があるのだろうか?

データのアーカイブにまつわる懸念

 PlanetMagpie IT Consultingの創業者兼プレジデントであるRobert Douglas氏は、企業が自社の運用をクラウドに移行する際の懸念の1つとして、データのアーカイブに関する統制の喪失を挙げている。同氏は「積極的にアーカイブを取得せずに日々の業務を続けていると、あまりにも簡単にデータを失ってしまう」と述べている。

 例えば、ある会社が「Office 365」を導入したと考えてほしい。その後、ある従業員が退社し、該当従業員のユーザーアカウントを削除した場合、アカウントとともに電子メールのアーカイブも削除されることになる。またプロバイダーの提供する電子メールサービスによっては、削除されたメールの保持期間が30日間のみというところもある。Douglas氏は、積極的にアーカイブを取得しなければ、こういった情報は永遠に失われると述べている。企業を守るには、オンプレミスやプライベートクラウドでアーカイブサーバを別途、長期にわたって運用していく必要があるのだ。加えて、クラウドサービスがデータをバックアップするという場合であっても、そのデータがどこに保存されるのかについて懸念がつきまとう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算