サイバーセキュリティ未来考

日本企業も大きな影響を受ける「GDPR」--まずは「対象か」の確認を

吉澤亨史 2017年11月15日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「GDPR」とは?

 日本で改正個人情報保護法が施行されたように、欧州では2018年5月に「GDPR」が施行される。GDPRは「General Data Protection Regulation」の略で、「一般データ保護規則」とも呼ばれる個人情報保護の法律だ。その内容は、端的に言えば「個人データ」の「処理」と「移転」に関する法律ということになる。

 対象を、情報に紐づく個人である「データ主体」、個人データ処理の目的と手段を決定する「管理者」、管理者を代行して個人データの処理を行う「処理者」に分けている。主に「個人データ」の「処理」と「移転」について定めた法律となっている。日本から遠く離れた欧州の法律であるが、ビジネスのグローバル化やインターネットの普及により、日本でもEUの個人情報を扱う可能性があるため、対応が必要とされている。

 現在は、EU加盟国それぞれにデータ保護規則が存在しており、その内容は国によって大きく異なっている。それを2018年5月25日から、GDPRというEU標準のデータ保護規則に統一する形だ。その目的は、「個人データの保護に対する権利という基本的人権の保護」としている。

 GDPRでは、特にEU内に事業拠点がなくても適用される「域外移転」を厳しく規制していることが特徴だ。「域外」とは、欧州経済領域EAA(EU加盟国にノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタインを含める)以外である。個人データの域外移転は原則として禁止されており、域外移転が可能なのは、EUがデータの保護措置が「十分なレベル」にあると認められる国のみとなっているが、2017年11月現在で日本はこれに含まれていない。

 域外適用には、「プライバシー・バイ・デザイン」「オプトイン原則」「個人情報漏えい時の通知義務」「データ持ち運びの権利」「忘れられる権利」「罰則の強化」といった規制がある。EU外にある企業などが、EAA内に居住している人から個人情報を収集、保管する場合などに適用される。

 特に気をつけなければならないのが、「罰則の強化」だ。以前の法律(EUデータ保護指令)よりも制裁金が高額になっている。制裁金は2種類あり、例えば、「義務があるのにEU代表者を選任しない場合」や「責任に基づいて処理行為の記録を保持しない場合」は、企業の全世界年間売上高の2%以下、または1000万ユーロ以下のいずれか高い方が適用される場合がある。また、「適法に個人データを処理しなかった場合」や「個人データ移転の条件に従わなかった場合」などは、企業の全世界年間売上高の4%以下、または2000万ユーロ以下のいずれか高い方となっている。2000万ユーロは、日本円に換算すると約26億円にもなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算