編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

LINEと協業、オムニチャネル強化する日本アバイア--UCで働き方改革を支援

鈴木恭子

2017-11-16 11:00

 Avayaの2017会計年度(2016年10月1日~2017年9月末)は激動の1年だった。2017年1月に米連邦破産法第11章(チャプター11)を申請後、同年6月にはネットワーク部門を売却。現在は事業の柱を「コンタクトセンター」「ユニファイドコミュニケーション(UC)」「サービス」に集約させ、再建を図っている。

 「確かにチャプター11はAvayaにとって大変な局面だった。しかし、日本のお客さまは状況を冷静に受け止め、ビジネスを継続してくださった」と語るのは、日本アバイア代表取締役社長の和智英樹氏だ。チャプター11以降、自身も50社以上の顧客先を訪問し、説明をしたという。

 「今後も日本アバイアの本丸であるコンタクトセンターに注力していく姿勢に変わりはない。そのうえで、コンタクトセンターのオムニチャネル化を強化し、多様化する(われわれのお客さまのお客さまである)コンシューマーのニーズに柔軟、かつ迅速に対応していきたい」と語る和智氏。今後、日本市場でどのような戦略を執るのか。先月、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイで開催された「GITEX Technology Week 2017(GITEX)」で話を聞いた。

日本アバイア 代表取締役社長 和智英樹氏
日本アバイア 代表取締役社長 和智英樹氏

LINEとの協業が示す意味

 オムニチャネルの強化について和智氏は、「音声のコールセンターを核に日本市場のニーズに沿ったサービスを提供していく。ただし、(オムニチャネルとして提供する)サービスのすべてを独自で提供できるわけではない。重要なのはエコシステムだ」と説明する。

 その代表例がLINEとの協業だ。日本アバイアは2016年11月、LINEとの提携を発表し、同社のコンタクトセンターソリューションで、LINEの法人向けカスタマーサポートサービスである「LINE Customer Connect」を提供すると発表した。さらに2017年2月には両社の連携を強化し、コンタクトセンターでLINEの無料通話機能を対応させることを明かにしている。

 和智氏は「LINEとの連携は、日本市場で大きな意味を持つ」と語る。

 「日本のコンタクトセンターで必要なオムニチャネルは、メッセージングやSNSだ。これらのチャネルはすでにサードパーティが手掛けており、世の中に広く浸透している。日本でLINEは圧倒的な認知度で多くのユーザーが活用している。(LINEを筆頭に)さまざまな企業と協業することで、Avayaのプラットフォームを核としたエコシステムを構築していきたい」(同氏)

GITEXのAvayaブースでは、LINEとの協業デモンストレーションが行われていた
GITEXのAvayaブースでは、LINEとの協業デモンストレーションが行われていた

 Avayaはオムニチャネルを提供するためのスナップインとして、「Avaya Oceana」を提供している。これは、アプリ開発プラットフォーム「Avaya Breeze」上で稼働するアプリを相互連携させる機能を提供するものだ。

 今後人工知能(AI)やIoT(Internet of Things)など、新技術との連携が要求される中、顧客が求める機能(アプリ)を幅広く提供するためには、サードパーティを取り込んだエコシステムが重要になる。実際、GITEXでも、金融サービスソフトウェアを開発する英Avanza Solutionsやディープラーニング(深層学習)技術を提供する米Sundown AIとの連携ソリューションを展示していた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]