調査

IoT/非IoTデータ生成量は2025年163兆ギガバイトに増大--IDC調査

NO BUDGET 2017年11月19日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは、国内IoT市場 コグニティブ(AI)活用動向調査の結果を発表した。

 今後2025年に向け、全世界で年間に生成されるデジタルデータ量は2016年比で約10倍の規模(163兆ギガバイト)に増加するという。IDCでは、全体に占めるデータ量の観点からは、IoTを通じてセンシングされるデータIoTデータよりも、人間が主体的に生成する非IoTデータが予測期間を通じて圧倒的に高い割合を占めると予測している。


グローバルで1年間に生成されるデジタルデータの量、2016年〜2025年:IoTデータ/非IoTデータ別

 同リポートでは、IoTと、一般的に「人工知能」や「AI」と呼ばれるコグニティブ分野に着目し、IoT/コグニティブの双方を組み合わせることによって生み出される価値について調査している。

 製造業や運輸/運輸サービス業などでは、現在、社内に限定して業務効率化やコスト削減を実現しようとする「社内用途」のIoTに対する投資が続いている。しかし、IDCでは、IoT/コグニティブを「社外用途」として活用し、社外の顧客に対して何らかの付加価値を提供する取り組みを進める企業も最近増える傾向にあると指摘している。

 こうした取り組みは、建設現場の作業効率の最適化、農林水産業の収益率拡大、小売業の業務プロセス/設備の改善、交通/社会インフラのスマート化、医療プロセスの高度化、電力データを活用したスマートホームサービス創出、保険サービスのカスタマイズ性向上など、ユースケースの幅を広げている。

 そのうえで、新ビジネスを創造する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を成功させるには、IoTデータはもちろん、非IoTデータも組み合わせることで、「分析対象となるデータ」を最大化することが肝心になるとしている。

 今回の調査では、「インサイトを生み出すデータ」の最大化を行うために、最適な分析アルゴリズムを生み出すコグニティブ基盤も併せて活用することが必須になることが分かった。

 IDCでは、IoT/コグニティブを社外用途で活用して新しい外販ソリューションを生み出すことを「IoT Enabled Solution」と呼んでいる。そして、こうしたソリューションを創出していくためには、ベンダーが技術に関する知見だけでなく、産業に特化した業務知識も併せ持つ人を強化していくことが重要で、適切な人材教育プログラムを社内外に広げることが必須になるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算