編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

MS、「Azure Databricks」発表--Apache Sparkベースのアナリティクスプラットフォーム

Andrew Brust (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2017-11-16 11:36

 Microsoftが、「Apache Spark」ベースのアナリティクスプラットフォーム「Azure Databricks」のプレビュー版を発表した。

 Azure Databricksは、「Azure Marketplace」における単なる提携サービスとしてではなく、ファーストパーティーの「Microsoft Azure」製品としてSparkベースのビッグデータ分析サービスを提供するために、MicrosoftとDatabricks(Sparkの開発元企業)によって共同開発された。またAzure Databricksは、Databricks独自のSpark向けクラウドサービスや、Microsoft独自のBDaaS(Big Data as a Service)プラットフォーム「Azure HDInsight」(Spark自体もAzure HDInsightでサポートされている)とは別に運用される。

 それでもAzure Databricksは、BLOBストレージや「Data Lake Store」、仮想ネットワーク、「Azure Active Directory」「Azure Container Service」など、さまざまなAzureサービスを活用し、完全に最適化するために一から設計された。Azure Databricksはまだ、HDInsightのように、専用クラスタの生成をベースとし、ノード(サーバ)の数と種類は顧客によって決定されるが、自動スケーリングと自動ターミネーションの機能を内蔵し、必要に応じてクラスタを増やし、不要になればクラスタを停止する。

 ほとんどのSpark環境と同様に、Azure Databricksは、主要なユーザーインターフェースとしてブラウザベースのノートブック機能を備える。だがAzure Databricksを実装すると、複数のユーザーが同時にノートブックを編集し、データサイエンスやデータエンジニアリングに関する作業を共同で行うことが可能になる。Microsoftによると、Azure Databricksのノートブックは、統合されたデバッグ体験を提供するほか、多くのサンプルノートブックを用意しており、ユーザーが共有データソースに接続して「Python」や「R」で機械学習の作業を行うのを支援する。さらに、「Power BI」「Azure Data Warehouse」のほか、「Cosmos DB」とも連携する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]